高橋真麻 鼻をつまんで「これ位シュッとしたら良いのになぁ?」

高橋真麻 鼻をつまんで「これ位シュッとしたら良いのになぁ?」

※高橋真麻オフィシャルブログより

フリーアナウンサーの高橋真麻(35)が自分の鼻の形についてブログで希望を書いている。高橋はベッド付近で自撮りしている様子の写真をアップ。鼻をつまみ上げて、

「ところで
鼻がこれ位シュッとしたら良いのになぁ?…」

と語っている。「高橋真麻 鼻」で画像検索すると、鼻の穴を強調するような画像が登場する。『今夜くらべてみました』(テレビ朝日系)の「高橋真麻VSネットの書き込み」の回で高橋のことをネットでは(●●)と表す、といったテロップも出ており、さらには「鼻フックって呼んで下さい」とうい高橋のセリフもテロップになっている。(●●)は大きな鼻の穴が並ぶ様を示している。

これに続くキーワードはこれを受けて読者からは、

「真麻の鼻…、かわいいじゃん」
「今のお鼻でも十分お綺麗だからいいですよー」
「そんな風につままなくても
真麻さんは美人ですってば!」

など今のままでいいというコメントが届いている。高橋は4月11日付のブログでも「いじっても良い鼻」というタイトルで自身の鼻について綴っている。高橋は

「先週のバイキングでは坂上さんに鼻を
今日のバイキングではサンドイッチマンの富澤さんが胸の話で
私のことをいじって下さったのですが
両方ともネット記事になっていて
その記事だけ読むと、
そのいじりによって、笑いに包まれた、和やかな感じになったことが
全く伝わらなくて
私は いじってもらって ありがたいのにー
バイキングに限らず
私の鼻は いじって良い鼻なのです」

とコメント。鼻がコンプレックスだと思いきや、実はいじられていることに対して感謝しているということを明かしている。

関連記事(外部サイト)