中嶋佳子、家族について告白「お伝えしなければならないことがあります」

女優の中嶋佳子が、13日にアメブロを更新 「主人と幼い1人娘がいる」と明かした

記事まとめ

  • 中嶋佳子が13日にアメブロを更新、「主人と幼い1人娘がいます。一児の母です」と説明
  • 中嶋はこれまでにブログでは姪っ子や祖母、従姉妹等の家族は紹介していた
  • 夫との馴れ初めも紹介した上、結婚についてはこれまで公表してこなかった理由を説明

中嶋佳子、家族について告白「お伝えしなければならないことがあります」

中嶋佳子、家族について告白「お伝えしなければならないことがあります」

※中嶋佳子オフィシャルブログ・ヘッダー

女優の中嶋佳子が、13日にアメブロを更新。「皆様にお伝えしなければならないことがあります。突然すぎて混乱される方もいらっしゃるかもしれません」と前置きをしたうえで、こう告白した。

「私には家族がいます。両親や姉、姪っ子達だけではなく主人と幼い1人娘がいます。一児の母です」

これまでにブログでは姪っ子や祖母、従姉妹等の家族は紹介したが、それとは別の意味の「家族」がいることを明かしたのだ。昔から中嶋は女優になることと母親になることが夢だったというが、「成人してから体質的に子どもができにくく、いくつかの病気予備軍が合併している状態だと知りました」とのこと。

夫との馴れ初めも紹介したうえで、結婚を明かすことについては「「大御所の有名な方や、著名人の方々なら分かるけど売れてもいない小女優の私は、応援してくれている人が離れていってしまうんじゃないか…」と勝手に思ってしまい」と公表してこなかった理由を説明した。

その後、「奇跡的に」子宝に恵まれたが、中嶋の逡巡は続いた。それは結婚と出産の事実を伝えていないことについてだ。

「「隠している」のと同じ状況になり、応援してくれている皆さんに嘘をついている、子どもを認めていない親みたい、でも今更公表するのもどう思われるか怖い…そんな感情の狭間でどうするべきか考えていました」

だが、「本当の意味で「きっと、私や、私の人生そのものを応援してくださってる皆様が読みにきてくれている」更新する度にそう思える日々でした。」と、応援してくれている人がいることを実感し、こうして発表するに至ったのだという。

読者からは「これからも変わらず応援します。」「私嬉しいです。」「心より敬意を表したいと思います。」などの声が寄せられている。

関連記事(外部サイト)