東尾理子、父・修氏の呼び方に違和感「“じぃじ”と呼ぶ事しか無くなった」

東尾理子、父・修氏の呼び方に違和感「“じぃじ”と呼ぶ事しか無くなった」

※東尾理子オフィシャルブログより

プロゴルファーでタレントの東尾理子が、11日に自身のアメブロを更新。元プロ野球選手で父の東尾修氏との2ショットを公開した。

理子は、「最近は「じぃじ」と呼ぶ事しか無くなった、父」とつづり、仕事で一緒になったという修氏との2ショットを公開した。続けて、「子どもたちが居ないところでは、いつもの「パパ」って呼んでみたけど、なんかもう変な感じだった」というエピソードを明かした。

これに対して理子は、「35年呼び続けた呼び方よりも、直近の4、5年の呼び方の方がしっくりするなんて、不思議」とつづった。

読者からは、「それって、マインドが『娘』から『母』になってということですね。ママになっていっそうキラキラしている気がします。素敵!」「子どもができると自分にも廻りにも変化があるものですね」「いつまでも 仲良し親子でいてくださいね。」といったコメントが寄せられている。

理子は、2009年に俳優の石田純一と結婚、2012年11月に長男を出産。その後も2016年3月に長女、今年の4月に次女を出産している。

関連記事(外部サイト)