キンタロー。がダンス代表に

キンタロー。 社交ダンス日本代表に選ばれ「努力は裏切らない」

お笑いタレントのキンタロー。(34)が、社交ダンス世界選手権日本代表選手に選ばれたことをブログで報告している。

中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)内の企画で、2013年から「金スマ社交ダンス」に挑戦していたキンタロー。。相手役は当初、TBSの山本匠晃アナウンサーであったが、その後オーディションを経て、現在の相手役はお笑い芸人で競技ダンス経験者のロペス(岸英明)である。キンタローは大学で社交ダンスに出会い、大学時代に全国大会で4位入賞という成績を残している。大学卒業後には社交ダンス講師として働いていたが、ヘルニアの手術を受けたことをきっかけに引退していた。キンタローは今回のブログで、

「番組にありました通り。。
キンタロー。世界選手権 日本代表選手
┐( ∵ )┌フラインッグッゲット
いたしました!!」

と報告した。

「試合は来年の年末になります(>_<)
それまでにダンスの技術は勿論の事
体力も筋力も今よりももっともっと鍛えていかなければなと、番組終了後沢山の友人や
ツイッターや本当に沢山の反響がすでにありましてひしひしと感じております」

「人生色々あって腐ってしまった日もあったけど、自分を信じて毎日頑張り奮闘していたらこうしてまた自分にも光があたる日がくるとだと、
努力は裏切らないんだと心の底から思いました」

とこれまでを振り返り、今後に向けての意気込みを語った。またこの次のブログでは、社交ダンス用のメイクや、試合終了後に食べた海の幸の写真を公開している。

ファンからは、「キンタロー。ちゃん、おめでとうございます!ドキドキで感動しました。」「優勝おめでとうございます!!何度も、何度も、録画して観ました☆何度見ても、感動しますね!!!!」「めちゃくちゃかっこよかった2人とも!キンタロー。さん前から好きだったけどもっと好きになった!」といった応援の声が多く寄せられている。

関連記事(外部サイト)