辻希美 師匠・つんく♂の子と我が子の交流に「夢みたいな感じ」

辻希美 師匠・つんく♂の子と我が子の交流に「夢みたいな感じ」

※辻希美オフィシャルブログより

タレントの辻希美(29)が自身のブログで、「師匠」であるつんく♂(48)の子と自分の子が遊んでいることへの驚きを明かした。

つんく♂は2006年6月に元モデル出光加奈子と結婚、2008年に男の子と女の子の双子、2011年に三女が誕生。また、2014年に喉頭がんを患い、声帯を摘出している。一方、辻は12歳の時、つんく♂のプロデュースするモーニング娘。に加入、現在、つんく♂の子と同世代の子供を育てるママタレとして活躍中だ。
この日辻は、俳優の薬丸裕英(51)の娘の誕生日会に家族ぐるみで参加、そこにつんく♂家族も合流したとのこと。辻はこのことに、

「つんく♂さんは私の師匠でありまして
終始ど緊張していた私ですが…
つんく♂さんのお子さんと我が子の年が一緒だったり?でずっと仲良く遊んでいる姿を見て…
師匠であるつんく♂さんのお子さんと
自分の子どもが普通ーに遊んでる事が凄く不思議で夢にも思わぬ光景だったので、一瞬夢かなみたいな感じでした」
「でも昨夜はつんく♂さんのpapaの姿を見れ、
「師匠」のつんく♂さんとは違う一面を見る事が出来、嬉しかったです」

と感慨深そうにコメントした。
「師匠」を前にした辻の緊張ぶりは相当のものであったようで、夫の杉浦太陽(36)もブログで言及するほか、薬丸も自身のブログで、

「辻ちゃんは終始 緊張していました
やはり辻ちゃんにとって
つんく♂は特別な存在なのですね」

と辻の様子を明かしている。

関連記事(外部サイト)