里田まい 新体制のカントリー・ガールズにエール「必要な時間」

里田まい 新体制のカントリー・ガールズにエール「必要な時間」

※里田まいオフィシャルブログ・ヘッダー

タレントの里田まい(33)がブログで、自身がスーパーバイザーを務めるアイドルグループ、カントリー・ガールズへエールを送った。

カントリー・ガールズは嗣永桃子(25)が卒業する今夏より、新たな体制に移行することがアップフロントプロモーションより発表されている。ハロー!プロジェクトの他のグループに移籍しカントリー・ガールズの活動と兼任するメンバーと、学業との両立を目指すメンバーに分かれることになっており、具体的には森戸知沙希(17)、梁川奈々美(15)、船木結(15)の3人は、カントリー・ガールズを兼任しつつハロー!プロジェクトの他グループに移籍し、移籍先でメインの活動をおこなう。

またハロー!プロジェクトでは「中学卒業後の学業も大切であると考えている」ため、「前述の3人のような体制での活動は困難な状況と判断」し、山木梨沙(19)と小関舞(15)は、在学期間中は移籍せず、学校の休日や長期休暇中での稼働をメインに活動する。

里田は自身のブログでこの新体制についてコメント、

「この度カントリー・ガールズが、新体制になるとの発表がありました。
学業専念、移籍、兼任。
一見複雑にも感じられる新体制ではありますが、カントリー・ガールズがなくなるわけではありません。」
「この先長く活動を続けていくために、
そしてカントリー・ガールズが益々成長するために、
今の彼女たちには必要な時間なのだと、前向きに受け入れたいと思います。」

と新たな報告に進むカントリー・ガールズにエールを送った。

この新体制については、多くのハロープロジェクトのメンバーがコメント。モーニング娘。の飯窪春菜(22)と工藤遥(17)はそれぞれ、

「カントリー・ガールズだけじゃなく、この夏からハロー!プロジェクト全体が変わっていきます。
もしかしたら3人のうちからモーニング娘。のメンバーになる子がいるかもしれないし…」
「ハルたちもまだ整理がついていませんが、
本人たちの方がもっと複雑だと思います」

とコメントしている。

関連記事(外部サイト)