小林よしひさ、14年分の卒業アルバムを読んで「ぱわわぷ体操、、懐かしいなぁ、、」

小林よしひさ、14年分の卒業アルバムを読んで「ぱわわぷ体操、、懐かしいなぁ、、」

※小林よしひさオフィシャルブログより

教育エンターテインメント番組『おかあさんといっしょ』(NHK・Eテレ)に出演していた“よしお兄さん”こと第11代体操のお兄さん・小林よしひさが11日に自身のアメブロを更新。卒業アルバムが発売されたことを明かした。

この日小林はブログの冒頭で4月4日に発売された卒業記念ムック『おかあさんといっしょ よしお兄さん、りさお姉さん 笑顔と元気をありがとう。』(講談社)を持った自身の写真を公開、「みなさん読んでいただけましたか?私も昨日読みました」と明かした。

また「いつもと違うポーズの、りさちゃんと私 いい記念になりました 14年分のアルバム。りさちゃんは7年分。ぱわわぷ体操、、懐かしいなぁ、、」と振り返った。さらに「ふと思い出したのが、去年の夏、ロケで沖縄に行った時、大学生風の男の子たちに、「ぱわわぷ体操のお兄さんだ!」と言ってもらいました。懐かしい呼び名で、なんだかジーンとしました笑」と明かし「世代によって、思い出に残る体操がありますよね。やっぱりおかあさんといっしょはすごい」とブログを締めくくった。

これに対してファンからは「卒業アルバム、買いましたよ?見ましたよ?!!」「ぱわわぷ体操、懐かしいです」「懐かしい?と思いながら読ませてもらいました」「ハンカチ無しでは読めなさそうですね」などのコメントが150件以上寄せられている。

関連記事(外部サイト)