藤原竜也演じる夜神月が10年ぶりに復活!映画『デスノートLNW』にキラ降臨

藤原竜也演じる夜神月が10年ぶりに復活!映画『デスノートLNW』にキラ降臨

映画『デスノートLNW』にキラ降臨(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

10月29日に公開される映画『デスノート Light up the NEW world』で、藤原竜也演じる夜神月が10年ぶりに復活することがわかった。


「僕の血と意志を受け継ぐ者として、全てを君に託す。デスノートを手に入れろ」――10月14日の「金曜ロードSHOW!」中に突如流れたキラからの予告。この衝撃の映像は、新たに撮影されたもので、藤原竜也演じるキラ=夜神月が新作映画に登場することを意味している。


当時と同じ黒いスーツで撮影現場に現れた藤原はまさに夜神月その人。10年ぶりに月を演じた藤原は、「『デスノート』は自分にとって大きな存在」と語り、「今回、新たなキャストの人たちと新たな物語で展開していくということは非常に面白いことだなと思いました。10年経って、自分がこうして参加できるとは思っていなかったので、非常に楽しく演じさせていただきました」と撮影を振り返った。


同時に解禁となった新たなTVスポットでは、月を愛し続ける弥海砂(戸田恵梨香)の前にリュークが登場。彼女が持つデスノートは月から託されたものなのか。果たして月は生きているのか。そして、彼の言葉に隠された衝撃の真実とは。原作漫画や前作にもない、誰も知らない極限のデスノート争奪戦が繰り広げられる。


<夜神月:藤原竜也 コメント>
『デスノート』は自分にとって大きな存在で、海外に行っても国境を超えて世界中の人たちが観てくださり、ひとり歩きして多くの人たちに受け入れていただいた作品です。10年前、松山ケンイチくんともこの作品で携わらせていただき、23歳という非常に良い年齢の時に贅沢な作品と出会えたと思っています。
今回、新たなキャストの人たちと新たな物語で展開していくということは非常に面白いことだなと思いました。10年経って、自分がこうして参加できるとは思っていなかったので、非常に楽しく演じさせていただきました。





関連記事(外部サイト)