『君の名は。』の新海誠監督、映画『聲の形』を絶賛 「上品で端正な演出はとても真似られそうもない」

『君の名は。』の新海誠監督、映画『聲の形』を絶賛 「上品で端正な演出はとても真似られそうもない」

(C)大今良時・講談社/映画聲の形製作委員会

公開から10日間で興行収入が38億円を突破した話題の映画『君の名は。』の新海誠監督が、9月17日に公開の映画『聲の形』を絶賛した。


試写で『聲の形』を観た新海監督は、「素敵な作品でした。どこまでも真摯で丁寧な組み立てで、絵も色彩もエモーションに美しく奉仕していて。」と作品の印象を語った。また、「上品で端正な演出は、真似したくてもとても真似られそうもなく」と山田尚子監督ら製作陣の演出に脱帽。声優陣の演技についても、「キャストも皆素敵でしたが、個人的には入野自由さんの芝居に度肝を抜かれました。すごすぎ」と称賛した。


<ストーリー>
ガキ大将だった小学6年生の石田将也は、転校生の少女、西宮硝子へ無邪気な好奇心を持つ。
「いい奴ぶってんじゃねーよ。」自分の想いを伝えられないふたりはすれ違い、
分かり合えないまま、ある日硝子は転校してしまう。
やがて五年の時を経て、別々の場所で高校生へと成長したふたり。
あの日以来、伝えたい想いを内に抱えていた将也は硝子のもとを訪れる。
「俺と西宮、友達になれるかな?」再会したふたりは、今まで距離を置いていた同級生たちに会いに行く。
止まっていた時間が少しずつ動きだし、ふたりの世界は変わっていったように見えたが――。


<キャスト>
石田将也:入野自由
西宮硝子:早見沙織
西宮結絃:悠木碧
永束友宏:小野賢章
植野直花:金子有希
佐原みよこ:石川由依
川井みき役:潘めぐみ
真柴智:豊永利行
石田将也(小学生):松岡茉優


関連記事(外部サイト)