『こち亀』、40年の連載に幕 新たに豪華作家陣によるトリビュート企画「みんなのこち亀」が始動

『こち亀』、40年の連載に幕 新たに豪華作家陣によるトリビュート企画「みんなのこち亀」が始動

(C)週刊少年ジャンプ/集英社

1976年9月から連載を開始し、40周年を迎えた『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』が、17日発売の週刊少年ジャンプ42号をもってついに最終話を迎えた。これにあわせて、豪華作家陣によるトリビュート企画「40周年こち亀トリビュート企画『みんなのこち亀』」も発表された。


週刊少年ジャンプ42号「『こち亀』40周年記念超メモリアル特大号」には、『こち亀』が巻頭カラーで登場。伝説の第1話のオールカラーや、全連載作家執筆による両津勘吉19変化、両津勘吉200体集合ポスター&大原部長の大説教ポスターなどの特別企画が掲載され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」にふさわしいにぎやかな幕引きとなった。


また、新たに豪華執筆陣が特別コラボ漫画を描くトリビュート企画「40周年こち亀トリビュート企画『みんなのこち亀』」が始動。10月3日発売の44号では、『僕のヒーローアカデミア』の堀越耕平ら週刊少年ジャンプの連載陣5人による1ページ漫画の特集が、46号からは『べるぜバブ』の田村隆平などレジェンド作家陣6人による描き下ろし漫画の連続掲載が行われる。


<40周年こち亀トリビュート企画「みんなのこち亀」>
■44号の週刊少年ジャンプ連載陣による1ページ漫画の特集
堀越耕平(『僕のヒーローアカデミア』)
麻生周一(『斉木楠雄のΨ難』)
沼駿(『左門くんはサモナー』)
島袋光年(『トリコ』)
附田祐斗(『食戟のソーマ』)


■46号からのレジェンド作家たちの描き下ろし漫画の連続掲載
46号 田村隆平(『べるぜバブ』)
48号 仲間りょう(『磯部磯兵衛物語』)
49号 古味直志(『ニセコイ』)
50号 篠原健太(『SKET DANCE』)
51号 椎橋寛(『ぬらりひょんの孫』)
52号 松井優征(『暗殺教室』)

関連記事(外部サイト)