映画『デスノート』の新しい死神「アーマ」に沢城みゆき 色気と美しさのある死神を演じる

映画『デスノート』の新しい死神「アーマ」に沢城みゆき 色気と美しさのある死神を演じる

新しい死神「アーマ」に沢城みゆき(c)大場つぐみ・小畑健/集英社 (c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

東出昌大主演で、2006年公開の実写映画『DEATH NOTE』の10年後を描く『デスノート Light up the NEW world』。本作で新たに登場する死神「アーマ」を、声優の沢城みゆきが務めることがわかった。


原作漫画の死神「シドウ」をベースにした「アーマ」は、死神の友達を持たず、むしろ人間にシンパシーを感じているキャラクターで、マスカットが好物。仕草や話し方はエレガントで、人間でいうところの“女性”。そんな「アーマ」に人気声優の沢城みゆきが息を吹き込む。果たして、「アーマ」は誰にデスノートをもたらしたのか・・・。映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日に公開される。


<沢城みゆき コメント>
佐藤監督からお声がけいただきまして、なんとも豪華な俳優陣の中に、恐縮ながら参加させていただくことになりました。…死神ってこういうもの、という何か共通項があるのかなと思っていたら、私達人間同様、本当に三“神”三様だったのが印象的です。ぜひ劇場でお確かめいただけたらと思っています…!


<ストーリー>
犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵L。天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信された―。「デスノートを手に入れろ―」
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島(東出昌大)が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎(池松壮亮)が加わり、無差別殺人事件の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラの信奉者・紫苑(菅田将暉)の姿が――。今、それぞれの譲れない“正義”を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!


<デスノート Light up the NEW world>
公開日:10月29日(土)
原作:大場つぐみ・小畑健(集英社ジャンプコミックス刊)
監督:佐藤信介
脚本:真野勝成
出演:東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈/戸田恵梨香/中村獅童、船越英一郎ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 



(c)大場つぐみ・小畑健/集英社
(c)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

関連記事(外部サイト)