中川大志、“水球”仲間の大原櫻子ライブへ「キラキラ輝いて眩しかった〜」

中川大志、“水球”仲間の大原櫻子ライブへ「キラキラ輝いて眩しかった〜」

中川大志、“水球”仲間の大原櫻子ライブへ「キラキラ輝いて眩しかった〜」 クランクイン!

 今月4日、若手俳優の中川大志が自身のブログを更新。映画『ReLIFE』出演にかける思いと共に、2014年に放送されたドラマ『水球ヤンキース』で共演した女優・アーティストの大原櫻子のライブへ足を運んだことを報告。ドラマを見ていたファンからたくさんの反響が寄せられている。

 この日、夜宵草原作のマンガ『ReLIFE』の実写版で主人公・海崎新太役を務めることを報告した中川。本人は18歳でありながら、劇中で27歳の役柄を演じるとあり「僕もびっくりです」と心情を吐露したほか、「また新たなチャレンジを頂き、期待と不安と。とにかく撮影が楽しみです」と思いを明かした。

 また、ブログアップ当日に大原櫻子のライブへ行ったことも明かし、「ライブに遊びに行かせて貰うのは2回目」「本当にパワフルでエネルギッシュで繊細ですごい!!」と感動を伝え、大原との“水球ポーズ“での2ショットと共に「体の奥深くに歌声が突き刺さりました」「本当に楽しくて、感動した」「キラキラ輝いて眩しかった〜」と思いを綴っている。

 これに対してコメント欄では「櫻子ちゃんと仲いいんやね! 水球の時も見てて仲いいなと思ってた!」「さくちゃんと大志くん可愛すぎて死んだ」「水ヤンらぶだった3バカとにかく愛おしかった」「久しぶりに2ショット見られて幸せだ〜」と2人の共演したドラマ『水球ヤンキース』を懐かしむ声が多くあがっている。

関連記事(外部サイト)