比嘉愛未、WOWOWドラマで主演!「まっすぐで不器用」なスピーチライター役

比嘉愛未、WOWOWドラマで主演!「まっすぐで不器用」なスピーチライター役

ドラマ『本日は、お日柄もよく』の場面写真(C)WOWOW

 女優の比嘉愛未が、WOWOWドラマで初登場にして初主演を務めることが分かった。原作は30万部を突破した原田マハによる小説『本日は、お日柄もよく』。スピーチライターとして新たな人生を歩むことになる主人公を演じることになった比嘉は、「WOWOWの作品に出演させて頂くのは初めてで憧れていましたし、いきなり主演と聞いた時は正直驚きました。それも、いつかご一緒したいと思っていた佐々部清監督。念願叶い嬉しい気持ちでいっぱい」と喜びの声をあげている。

 本作は、夢や目標もなかった普通のOL・二ノ宮こと葉(比嘉)がスピーチライターの紡ぐ“言葉”に魅了され、新たな人生を選択する成長物語。こと葉は世界を動かす“影”の職業・スピーチライターに挑み、人と人とを結び合う言葉の可能性を追求していく。

 こと葉を厳しく鍛える伝説のスピーチライター・久遠久美役に長谷川京子、幼なじみの今川厚志役に渡辺大、コピーライターの和田日間足役に速水もこみち、このほか石橋蓮司、八千草薫、船越英一郎と、若手からベテランまで多彩なキャスト陣が脇を固める。

 比嘉は、自信が演じること葉というキャラクターについて、「ひとことで言えばまっすぐで不器用な人。まさしく分身!というくらい自分に重なる部分がたくさんあり、演じていて心地よかったです」と共感しているようで、「スピーチライターという職業は実は今回初めて知ったのですが、とても奥深く難しい。でもこと葉が教わったように、相手の心に寄り添う気持ちで演じることが一番だと思い撮影に挑みました」と役作りを振り返る。

 また、共演の長谷川は「難しかった事は、何よりも久遠久美という女性から発せられる台詞の量とスピード、そしてその言葉に説得力を持たせなくてはいけなかったこと」と撮影での苦悩を吐露。「日本語の美しさや繊細さを改めて知るきっかけになってくれれば、とても嬉しいです」と作品の魅力を語っている。

 『連続ドラマW 本日は、お日柄もよく』はWOWOWプライムにて2017年1月14日より毎週土曜22時放送(全4話)。第1話は無料放送。

関連記事(外部サイト)