『おんな城主 直虎』、捕らわれの身となった直虎 襲った盗賊団の頭はまたもあの男

『おんな城主 直虎』、捕らわれの身となった直虎 襲った盗賊団の頭はまたもあの男

『おんな城主 直虎』第21話「ぬしの名は」(C)NHK

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第20話「第三の女」では、井伊に亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗る少女・高瀬(橋ひかる)が訪ねてくる。本当に直親の娘なら井伊家の姫ということになるが、政次は武田が井伊に送り込んだスパイなのではと疑う。しかし直親が笛で吹いていた曲を高瀬が鼻歌で歌っていることを知った直虎は、高瀬を井伊の姫として迎えることを決める。そんななか常慶(和田正人)が井伊を訪れ、今川を切った武田の動き、それを操る織田の目論見を報告する。

 領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖に面した港町・気賀(きが)を選んだ直虎と方久(ムロツヨシ)。気賀の商人・中村与太夫(本田博太郎)との商談を終え市場に立ち寄った直虎は、店先に並ぶ異国の珍品に目を見張るが、その隙に銭入れを盗まれてしまう。

 その犯人を町外れまで追いつめる直虎だったが、逆に捕らわれの身となってしまう。地下ろうに閉じ込められた直虎のもとに現れたのは、盗賊団の頭とその一味だった。直虎が行方不明になったことで騒然となる井伊谷に、気賀の盗賊団から身代金を要求する書状が届く。

 この盗賊団の頭とは、山の木々を盗んだ罪で捕らえたものの行方をくらませたあの男(柳楽優弥)。直虎の前に何度も現れるこの男、そして個性派ぞろいの盗賊団の面々。今後、どのように直虎と関わっていくのか注目だ。

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第21話「ぬしの名は」はNHK BSプレミアムにて5月28日(日)18時、総合テレビにて20時放送。

関連記事(外部サイト)