窪田正孝、28歳にして高校生役!永野芽郁、真剣佑と青春逃亡サスペンスで連ドラ主演

窪田正孝、28歳にして高校生役!永野芽郁、真剣佑と青春逃亡サスペンスで連ドラ主演

ドラマ『僕たちがやりました』出演者(c)カンテレ

 俳優の窪田正孝が、累計120万部を突破する人気マンガを原作とした新ドラマ『僕たちがやりました』で主演を務めることが発表された。窪田はフジ系ゴールデンプライム帯の連続ドラマでは初主演となる。

 高校生のトビオたちは、何事も“そこそこ”で生きていければいいと思っている、イマドキの若者たち。ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされてしまったトビオたちは、ちょっとしたイタズラ心で、復讐を企てる。

 計画実行の日、トビオたちが目にしたのは、起きるはずのない大爆発。向かいのヤンキー高校が火の海に。トビオたちはあっという間に“爆破事件の容疑者”になってしまう。本作はそんな現実に向き合えない少年らが右往左往しながらも、成長していく様を描いた青春逃亡サスペンス。ドラマでは原作とは異なる結末が用意されているという。

 窪田が演じるのは、何事も“そこそこ”でいいと思っている現代っ子、凡下(ぼけ)高校2年生のトビオ。逃亡の中で現実逃避を繰り返すが、一方で罪の意識にさいなまれ、もがきながらも自分の生きる道を模索していく。

 このほかトビオの幼なじみ・蓮子に現役女子高生の永野芽郁、トビオと対立する矢波(やば)高校イチの不良・市橋に改名後初ドラマとなる新田真剣佑、トビオの同級生・伊佐美に間宮祥太朗、同じく同級生のマルに葉山奨之、エロかわ系な伊佐美の彼女・今宵に川栄李奈、凡下高校のOBパイセンに今野浩喜がそれぞれ起用されている。

 さらに、クールで冷酷な刑事・飯室に三浦翔平、ドラマオリジナルのキャラでトビオの担任教師・菜摘に水川あさみ、裏社会の弁護士・西塚に板尾創路、その西塚をアゴで使う、謎に包まれた裏社会のドン・輪島に古田新太が名を連ねる。

 今回、28歳にして制服姿の高校生役に挑戦する窪田は、「立場的には主役というポジションですけども、今だからこそ、制服を着て年下の方々と高校生という役をさせてもらえるんだなと思いました」と共演者への思いを語るとともに、「皆さん勢いのある方々ばかりなので、先輩方に自分がして頂いたことを返していかなきゃいけない年齢になってきたのかなと思います。より責任感も生まれますし、自分にできる事は全部したいなと思っています」と意気込みを見せている。

 『僕たちがやりました』はカンテレ・フジテレビ系にて、7月より毎週火曜21時から放送。

関連記事(外部サイト)