高畑充希、民放連ドラ初主演で過保護な大学生に!「プレッシャーに負けず」と意気込み

高畑充希、民放連ドラ初主演で過保護な大学生に!「プレッシャーに負けず」と意気込み

高畑充希、民放連ドラ初主演!『過保護のカホコ』7月放送スタート(C)日本テレビ

 女優の高畑充希が、7月スタートの新水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)にて、民放連続ドラマで初主演を務めることが分かった。高畑は、「主演をやるんだと思うと、ドキドキがどんどん膨らんでいるところです」と率直な気持ちを吐露すると、「プレッシャーに負けず、作品への愛を持って楽しく取り組めたら良いなと思っています」と意気込みを語っている。

 本作は、21歳にして生活のすべてを親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年との出会いを通して成長していく姿を描くホームドラマ。脚本は『家政婦のミタ』などで知られる遊川和彦。高畑演じるカホコの両親役は、時任三郎と黒木瞳が務める。

 高畑はカホコについて「名前の通り、過保護で世間知らずでピュアな、愛しい女の子だと思います」と分析。また自身と比べ、「私も一人っ子で両親に守られてきましたが、カホコちゃんとは大違いに育ちました(笑)」とコメントし、「私にないものを持っているカホコを演じることで、予想外な発見が沢山あるんじゃないかと今からすごく楽しみです」と撮影を待ちわびる気持ちを伝えた。

 また、超過保護というコンセプトから、通称“プチプチ”の梱包材のドレスをまとったポスター撮影では「梱包材でできているので軽いんですけど、空気が通らなくて(笑)」と振り返るも、めったに着られない衣装に「すごく素敵なデザインのドレスで、お気に入りです」とにっこり。

 さらに、作品については「オリジナルの脚本なので、まったく先が読めず、次の展開がいつも楽しみです」と目を輝かせると「毎週観られて展開が早くて、身構えずに気楽に観ているうちに、意外なところで胸がじわっと温まったり心がピリッとしたり。そんな作品になるように、作る側の一員として必死に頑張ります」と語っている。

 新水曜ドラマ『過保護のカホコ』は、日本テレビ系にて7月から放送開始。

関連記事(外部サイト)