竹内涼真、『ひよっこ』に登場! “めんどくさいキャラ”も「爽やかだからOK」と反響

竹内涼真、『ひよっこ』に登場! “めんどくさいキャラ”も「爽やかだからOK」と反響

島谷純一郎役で登場した竹内涼真。『ひよっこ』新キャスト発表スタジオ取材会にて クランクイン!

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の6日放送回に、俳優の竹内涼真が登場した。前日のエンディングでチラッと爽やかな姿を見せ、視聴者の期待感をあおり、この日ついに本格的に登場となった竹内。ヒロインのみね子(有村架純)がひょんことから出会う、慶應大生・島谷純一郎役だ。

 この日の放送では、みね子は内定していたせっけん工場への転職がなくなってしまい、落ち込んで赤坂の「すずふり亭」に行く途中、通行人にぶつかり財布の中身をばらまいてしまう。そこで、通りかかった島谷に拾ってもらう…という展開だ。

 人気俳優である竹内がついに『ひよっこ』に登場したということで、ネット上では「かっこよすぎ」「朝から竹内涼真とか最高!」と喜びの声が上がった。

 ただ、登場時の爽やかな印象とはうらはらに、都会の往来で財布を開けて歩いていたみね子に「君が悪いんじゃないかな」と注意したのに続き、物の捜し方を理屈っぽく教え始める島谷。最後は「全部が中途半端」「あれだと見つからない」と、初対面のみね子にダメ出しして去っていく島谷に、「えっ、そういうキャラ!?」「めんどくさいヤツだー」という反応も。だが「ちょいうざかったけどイケメンだし爽やかだし全て許される」という意見が目立ったのは、さすが竹内といったところか。

 そして「今後みね子と恋人になるのかな」「第一印象がよくない相手と恋に落ちるのは定番パターン?」といった予想の声も上がっていた。

 竹内は2013年に俳優デビュー。翌年、『仮面ライダードライブ』で主人公・泊進ノ介/仮面ライダードライブ役を演じ、一躍知名度を上げる。昨年は映画『青空エール』で土屋太鳳の相手役・山田大介を演じ注目されたほか、ドラマ『時をかける少女』でメインキャストの浅倉吾朗役、『THE LAST COP/ラストコップ』で若手刑事・若山を演じた。今年公開の映画『帝一の國』でも大鷹弾役で出演している。

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』は総合テレビにて月曜〜土曜あさ8時放送。

関連記事(外部サイト)