竹内涼真、“ワイルド”な大学生役で『過保護のカホコ』出演! 高畑充希と正反対キャラ?

竹内涼真、“ワイルド”な大学生役で『過保護のカホコ』出演! 高畑充希と正反対キャラ?

竹内涼真が『過保護のカホコ』に出演(C)日本テレビ

 俳優の竹内涼真が、高畑充希主演の7月期新水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系列)に出演することが発表された。ワイルドな大学生役に挑む竹内は、「役に関してこんなに悩んでいるのは初めて」と心境を明かしている。

 本作は、現代の日本が生んだ“過保護の象徴”のような女子大生・カホコ(高畑)が、両親の手が届かない世の中に飛び込むことで、自分でも気づいていない「力」に覚せいしていく姿を描くホームエンターテインメント。竹内は、カホコと同じ大学に通い、正反対の人生を送ってきた画家志望の大学生・麦野初を演じる。

 初は、親に捨てられ、養護施設で育った過去を持つ苦学生だ。対照的な初とカホコの関係について、竹内は「一見、辛辣な言葉を投げかけているようで、とてもまともな事を言っていて、おせっかいなようで、とっても優しい少年。でもその優しさを表に出したくないのでは」と分析。「自分でもやったことのない役なので、役に関してこんなに悩んでいるのは初めてです…」と心境を明かすも、「このタイミングで試練がきたんだと思います。すごく考えて悩んでいるので、これを乗り越えてこの麦野という役をきちんと演じることができたら自分も成長できるのでは」と今後に期待を込める。

 高畑との初共演については、「一緒に頑張ろうね!と声を掛けていただきました。先日、リハーサルで一緒に演技をやらせてもらったのですが、台本でイメージしていたよりも、掛け合いをスムーズにやる事ができたんです」と手ごたえを感じているようで、「回を重ねるごとに僕から(演技を)仕掛けていけるようになりたいです」とも語った。竹内の出演情報に伴い、三田佳子、西岡コ馬、佐藤二朗、中島ひろ子、西尾まり、夙川アトム、久保田紗友、平泉成、濱田マリ、梅沢昌代が出演していることも明らかになった本作。放送に向けて、期待は高まるばかりだ。

 新水曜ドラマ『過保護のカホコ』は、日本テレビで7月より放送開始。

関連記事(外部サイト)