『おんな城主 直虎』、町衆から気賀を治めてと請われる直虎 方久は商いの拡大に意欲

『おんな城主 直虎』、町衆から気賀を治めてと請われる直虎  方久は商いの拡大に意欲

『おんな城主 直虎』第27話「気賀を我が手に」(C)NHK

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。前回放送では、龍雲丸(柳楽優弥)らが取り返した井伊の材木で今川は気賀に城を築こうとしていた。激怒した龍雲丸は築城反対派と共にかく乱作戦に出る。混乱を鎮めるため、直虎は気賀へ。商人たちと龍雲丸を集め、築城賛成派と反対派双方の本音を引き出すことで互いの矛を収めさせる。しかし、龍雲丸だけは反対の姿勢を崩さない。かつて両親が城を守って討ち死にしたという。また方久(ムロツヨシ)は、大沢の代わりに井伊が気賀に入ることを提案する。

 中村屋(本田博太郎)と気賀の町衆は井伊谷を訪れ、気賀の城には大沢氏ではなく、直虎に入って治めてほしいと願い出る。方久は井伊が気賀の港を押さえることでさらに商いの手を広げられると意気込み、まずは今川重臣の関口氏経(矢島健一)を懐柔しようと動く。

 そんな折、今川氏真(尾上松也)のもとに火急の知らせが飛び込む。武田・今川の同盟の要である武田義信が自害したというのだ。氏真の妹の夫であった武田信玄の嫡男・義信が、父によって廃嫡、幽閉の後、自害。これにより、武田と今川のつながりは事実上断たれることに。氏真は怒り心頭に…。

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』第27話「気賀を我が手に」はNHK BSプレミアムにて7月9日(日)18時、総合テレビにて20時放送。

関連記事(外部サイト)