新垣結衣、7年ぶり『コード・ブルー』で体力の衰えを実感「色んなことの曲がり角」 

新垣結衣、7年ぶり『コード・ブルー』で体力の衰えを実感「色んなことの曲がり角」 

新垣結衣、『コード・ブルー』記者発表で体力の衰えを吐露 クランクイン!

 7月17日より放送スタートの医療ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の記者発表が11日、都内で開催され、出演の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが出席。本作は人気シリーズのサードシーズンとなるが、新垣は7年前のセカンドシーズンに比べて体力が衰えたことに言及。「20代前半と後半では全然違う。“色んなことの曲がり角だな”とすごく感じてます」と心境を明かした。

 同作は、「ドクターヘリ」に乗り込むフライトドクターを目指す若者たちの姿を取り上げ、2008年、2010年に放送された医療ドラマシリーズのサードシーズン。医師として10年以上のキャリアを積んだ藍沢耕作(山下)たちは、それぞれ異なる道を歩み、様々な問題にぶつかっていた。そんな中、藍沢は新たなステージに進むチャンスをめぐってライバルと競い、白石恵(新垣)は新人フェローたちを一人前に育てようと懸命に努力する。

 脳外科医になった藍沢を演じる山下は、7年ぶりに集まった仲間たちを見て「一人もメンバーが変わることなく、同じメンバーで集まれていることを嬉しく思っています」と挨拶。本シリーズに関しては「職種関係なく、人の思いとか心をしっかり描き出して、命と向き合っている作品」と評し、セカンドシーズンも一緒に過ごした仲間に対して「絶対的な安心感がある。皆余裕が出てきた気がする」と信頼感を口にした。

 白石役の新垣は「ファーストシーズンの最初の頃は、ドクターヘリというものを憧れの眼差しで見ていた。憧れの存在というよりは、仲間。ちょっと擬人化されるというか、ヘリも含めてのチーム。そういう不思議な感じがして、ファーストシーズンから9年の月日の流れを感じました」と感慨深げ。

 もし危険な目に遭ってドクターヘリに搬送されることになった時、誰に治療されたいかと質問されると、新垣は戸田演じる緋山美帆子をチョイス。「以前のシーズンで、緋山先生の人間性として、患者さんに寄り添いすぎるエピソードがあったんですけど…“寄り添ってほしいな”と思って。今回産科医ということで、“女性ならではの悩みも聞いてくれるかな”と思うと緋山先生がいいな」と語りほほ笑んだ。

 また、新垣は6月に29歳になったばかり。過去のシーズンと変わった部分は「体力的なところ。20代前半と後半では全然違う。“色んなことの曲がり角だな”とすごく感じてます」と率直に告白した。これに戸田が賛同して「節々が痛くて。まず膝関節が痛い。ちょっと走ると、痛みと戦ってます。あとは腰、下向いてることが多いので首。1回病院行こっか!」と話し、会場を笑わせた。
 
 今回の記者発表には5人のほか、有岡大貴、成田凌、馬場ふみか、新木優子、安藤政信、椎名桔平らも出席した。

 新ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』は、フジテレビ系にて7月17日より毎週月曜21時放送(初回30分拡大)。

関連記事(外部サイト)