星野源、今年の目標が影響し「締め切りを守らなくなりました」と“罪”を告白

星野源、今年の目標が影響し「締め切りを守らなくなりました」と“罪”を告白

星野源、「締め切りを守らなくなりました」と罪”を告白 クランクイン!

 俳優・歌手の星野源が7月31日、都内で実施された主演作『連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜』の完成披露舞台挨拶に、共演の石田ゆり子、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、スガシカオ、渋川清彦、吉田康弘監督とともに出席。ストーリーに絡めて自分の罪を問われた星野は「締め切りを守らなくなりました」と告白した。

 厄介者たちが集うシェアハウス「プラージュ」を舞台に、思わぬことで前科者となった吉村貴生(星野)が、不器用ながらも一生懸命に日々を送る姿を描く本作。物語に絡めて自分の罪を問われた星野は、「ドラマの話しましょうよ」と愚痴をこぼしつつも、「締め切りを守らなくなりました」と告白。

 続けて星野は、「今年の目標が無理をしないなんですけど、見事にそれが締め切りに影響を…。締め切りって、本当は守った方がいいんですけど、たいてい守らないことを見越して、ちょっと前に設定されていることが多いので、それをもう大体分かってしまう」と苦笑すると、「その中で甘えてしまって、無理しない無理しない、と。まあ何とかなるという気持ちで。例えば、文筆的なところとか、曲の締め切りとか…。守らないですね〜」と明かした。

 また、劇中でプラージュのオーナー・朝田潤子を演じる石田は、「スガさんが初めて芝居をしています。とてもそれが素敵なんです」と作品の見どころを紹介。自身の役柄については「人として、こういう気持ちで生きていけたらいいなというくらい、母性の塊の人で、私は全然、潤子さんと比べると、足元にも及ばない人間なので…」と自嘲するも、これを聞いた星野は石田を見つめながら「そんなことない」とすかさずフォローし、これには石田も照れ笑い。一方、上京当時に学生寮で暮らしていたという仲は、寮母が厳しかったことを振り返り、「石田さんみたいな、素敵な優しい寮母さんだったらいいなあと思いました」と笑顔で話していた。

 『連続ドラマW プラージュ 〜訳ありばかりのシェアハウス〜』は、WOWOWプライムにて8月12日より毎週土曜22時放送(全5話/第1話無料放送)。

関連記事(外部サイト)