15代目「国民的美少女」は13歳・井本彩花さん「武井咲さんのような女優に」

15代目「国民的美少女」は13歳・井本彩花さん「武井咲さんのような女優に」

グランプリの井本彩花(左)、上戸彩(右)、第15回全日本国民的美少女コンテストにて クランクイン!

 米倉涼子や上戸彩、武井咲を輩出した「全日本国民的美少女コンテスト」の第15回大会の本選が8日に都内で実施され、井本彩花(いもとあやか)さんが、応募総数8万150通の中よりグランプリに選ばれた。30周年を飾る大会のグランプリに輝いた井本さんは、「武井咲さんのような女優さんになれるように、頑張りたいと思います」と今後の抱負を語った。

 「フラッシュを浴びて、本当に私がグランプリを取ったんだなって思いました」と胸中を明かした井本さんは、「本当に私がグランプリなのかな? って思うんですけど」と謙遜。それでも、「すごい嬉しいですし、本当によかった」と笑顔を見せ、賞金の300万円の使い道を聞かれると、「お母さんに全部あげます」と孝行娘な一面を見せた。

 数学が得意と明かしたものの、「運動神経が悪くて…泳げないんです」と恥ずかしそうに告白する。今後の目標を聞かれると、当日にゲストとして参加し、第11回大会で「モデル部門賞」と「マルチメディア賞」に輝いた武井咲に言及し、「武井咲さんのような女優さんになれるように、頑張りたいと思います」と力強く語った。

 当日は、審査員特別賞を玉田志織(たまだしおり)さんと石井薫子(いしいかおるこ)さんが、マルチメディア賞を竹内美南海(たけうちみなみ)さんが、グラビア賞を木下凜里乃(きのしたりりの)さんが、音楽部門賞を藤田桜恵香(ふじたさえか)さんが、演技部門賞を伊丹彩華(いたみあやか)さんが、モデル部門賞を谷口桃香(たにぐちももか)さんが獲得した。
 
 上戸が井本さんに記念品を渡したほか、ゲスト審査員として真矢ミキ、佐藤藍子、藤田ニコル、岡田結実が、ステージゲストとして武井、剛力彩芽、吉本実憂、高橋ひかるが参加。X21がゲストライブを行って会場を盛り上げた。

関連記事(外部サイト)