永作博美、市原隼人とのデートシーンに照れ笑い「みんなちょっと薄っすら笑ってる」

永作博美、市原隼人とのデートシーンに照れ笑い「みんなちょっと薄っすら笑ってる」

『連続ドラマW 沈黙法廷』完成披露舞台挨拶にて クランクイン!

 女優の永作博美が、市原隼人、田中哲司とともに、21日に都内で開催された『連続ドラマW 沈黙法廷』完成披露試写会に出席。市原とのデートシーンを振り返った永作は、「みんなちょっと薄っすら笑ってるみたいな(笑)。周りがそんな感じで、余計恥ずかしくなっちゃって」と照れた様子で、撮影エピソードを明かした。

 直木賞作家・佐々木譲が手掛けた初の法廷小説を連続ドラマ化した本作は、連続する老人の不審死について、無罪を主張する家事代行の女の姿を描く。主人公で連続殺人事件の容疑者・山本美紀を演じる永作は、沈黙が多い役を演じる苦労について、「一言をしゃべるのが怖くて怖くて。セリフが少ない分、それにすべてが込められてしまうので。『はい』一つが、初めて怖かったですね。こんなに怖いのは久しぶり」と心境を吐露。

 美紀を信じ続ける青年・高見沢弘志役の市原は、永作の印象を聞かれると、「初めてのシーンがデートのシーンだったんです。その時に、『こういうの恥ずかしいね』って言いながらやっている永作さんが、超可愛かったっす(笑)」とニッコリ。これを聞いた永作は、「みんなちょっと薄っすら笑ってるみたいな(笑)。周りがそんな感じで、余計恥ずかしくなっちゃって。けっこう純愛がこの後も出てくるので、市原さんのファンの方、すみません。純愛、入ってます。かなり(笑)」と陳謝して会場を沸かせた。

 一方、美紀の弁護に名乗りをあげる弁護士・矢田部完にふんした田中はオファーを受けた当時を振り返り、「小説から読んだんですけど、泣いてしまいまして。ただちょっと引っかかったのが、僕の矢田部完という弁護士の役が、すごくかっこいい役だったんですね。僕、できるかなこれ?とか思って。撮影台本をいただいて読んだら、ダメ〜な感じに変わってて(笑)。これなら僕でもできるなと思って、ちょっとホッとしましたね」と自虐。また、長台詞の撮影を翌日に控えていることを明かし、「こんなことをしていて、いいんだろうか?こんなことって、すみません(笑)」とも続けて永作と市原を笑わせていた。

 『連続ドラマW 沈黙法廷』は、9月24日22時よりWOWOWプライムにて放送開始(第1話無料放送)。

関連記事(外部サイト)