黒木メイサ、三浦春馬主演『オトナ高校』で制服姿をドラマ初披露 32歳処女高校生役に

黒木メイサ、三浦春馬主演『オトナ高校』で制服姿をドラマ初披露 32歳処女高校生役に

ドラマ『オトナ高校』にて制服姿を披露する黒木メイサ(c)テレビ朝日

 女優の黒木メイサが、三浦春馬が主演する新ドラマ『オトナ高校』(テレビ朝日系)にて、今年6月の出産後初のドラマ出演を果たすことが決定。32歳にして処女の高校生という役柄で、ドラマで初となる制服姿を披露する。

 本作は深刻な少子化問題に歯止めをかけるべく、政府が打ち立てた「第ニ義務教育法案」に基づく公的機関「オトナ高校」を舞台に、異性との性体験がない30歳以上の男女“やらみそ(ヤラないまま三十路)”たちが繰り広げる、不器用なオトナたちの“学園ドラマ”だ。

 黒木が今回演じるのは、東大卒エリートの童貞“チェリート”こと主人公・荒川英人(三浦)らとともに「オトナ高校」へ入学することになる、園部真希役。「仕事が恋人!」と明言するバリバリのキャリアウーマンだが、その実態は常に2番目の女に甘んじ、現在も上司と不倫中の“恋に不器用な女性”で、なおかつ相手からは「重すぎる」と敬遠されてしまい、未だに処女という役柄だ。

 今回の制服姿披露に関し、黒木は「今回は高橋克実さんも制服を着られますし、違和感だらけの“高校生”がいっぱい! なので、私も世間の皆様から寄せられるであろう反応にはビビッておりません」と力強く宣言。

 また「三浦さんがいい感じにダサく演じられていて、『性体験がないのが分かる、分かる!』という感じだったんです。『実際の撮影で動きがついたら、どうなるんだろう!?』と楽しみになりました」と撮影にワクワクしている様子も明かしている。

 本作には、英人の上司で“55歳童貞部長”の権田勘助役を高橋克実、オトナ高校の毒舌スパルタ教師で、英人らの担任・山田翔馬役を竜星涼、同じく同校のエロ小悪魔教師・姫谷さくら役に松井愛莉が出演。さらに山田真歩、夕輝壽太、正名僕蔵、杉本哲太らが顔をそろえる。

 主題歌には、シンガーソングライターの高橋優がドラマのために書き下ろした新曲「ルポルタージュ」(11月22日発売)が使用されることが決定。高橋は、「『オトナ高校』は台本を読んでいるだけで、笑いがこみ上げてくるとても力のある物語」と語り、「人が成長して大人になっていくことはどういうことなんだろうと、あらためて考えさせて頂きながら、今回の楽曲を制作させて頂きました」とコメントを寄せている。

 土曜ナイトドラマ『オトナ高校』はテレビ朝日系にて、10月14日より毎週土曜23時5分から放送。

関連記事(外部サイト)