佐野岳、竹内涼真のライバルに! 和田正人&上白石萌音ら『陸王』追加キャスト発表

佐野岳、竹内涼真のライバルに! 和田正人&上白石萌音ら『陸王』追加キャスト発表

ドラマ『陸王』に出演する佐野岳、上白石萌音、和田正人(c)TBS

 作家・池井戸潤のベストセラー小説を原作に、役所広司、山崎賢人、竹内涼真らの出演により実写化した10月スタートのドラマ『陸王』(TBS系/毎週日曜21時)にて、新たなキャストとして佐野岳、和田正人、上白石萌音の出演が発表された。

 本作は創業より100年の歳月を積み重ねた老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長を務める主人公・宮沢紘一(役所)が、会社の生き残りを懸けて大手スポーツメーカーと対峙しながら、新規事業「陸王」立ち上げに奮闘する姿を描く。紘一の息子・大地役を山崎、さらに物語のキーマンとなる実業団「ダイワ食品」陸上競技部員・茂木裕人役を、竹内が演じる。

 今回発表になった追加キャストでは、茂木のライバルである「アジア工業」陸上競技部の部員・毛塚直之役に、佐野岳。『下町ロケット』に続いての池井戸作品のドラマ作品の登場となる佐野は「今回また参加できることを噛み締めながら、そして『陸王』を観て明日も頑張ろうと思ってもらえるように精一杯頑張ります」と語っている。

 また「ダイワ食品」陸上競技部の部員・平瀬孝夫役を和田正人が担当。和田は大学4年生の時に日本大学陸上競技部の主将を務め、箱根駅伝にも2度の出場経験を誇る。平瀬という役柄の生き様に深く共感し「『チーム陸王』の諦めない走りを、最後まで見届けてください!」とアピールする。

 上白石が演じるのは、紘一の娘で大地の妹となる宮沢茜役。大地を小馬鹿にする面を持つ一方で、家族思いな女子高生という役どころ。「このチーム一員である幸せを噛み締め、わたしも全力走ります!」と意気込んでいる。

 『陸王』は10月15日よりTBS系にて毎週日曜21時より放送。

関連記事(外部サイト)