鈴木亮平、女子トークを盗み聞きしニヤニヤ? “変態”エピソードが続々登場

鈴木亮平、女子トークを盗み聞きしニヤニヤ? “変態”エピソードが続々登場

鈴木亮平、女子トークを盗み聞きしニヤニヤ? “変態”エピソードが続々登場 クランクイン!

 俳優の鈴木亮平が、28日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。爽やかなイメージとかけ離れた“奇行”が番組内で暴露され、一緒にゲスト出演した有村架純をはじめとするスタジオ中をざわつかせた。

 2018年放送予定のNHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公・西郷隆盛役を演じることも決定している鈴木は、「理想の人生のパートナーランキング」で星野源を抑えて1位に輝くなど、今や好感度抜群の実力派俳優の1人。体重の増減で役になりきるストイックさを持つ一方で、バラエティ番組などでは人柄の良さが伝わる柔和なトークでテレビでもすっかりおなじみの顔になった。今回の番組企画では、そんな人気者・鈴木のベールに包まれた素顔に迫るエピソードが次々と紹介された。

 企画の冒頭で司会の櫻井翔に暴露されたのが、鈴木が“女子トークに聞き耳を立てて1人でニヤニヤしている”というもの。鈴木は俳優としてブレイクした現在もファミリーレストランで台本を覚える習慣があり、この番組収録の前日もファミレスで台本を覚えていたとのこと。

 鈴木は「一生懸命、台本を覚えなきゃいけないけど、近くの席にいる人の会話が耳に入って、面白い話だと聞いちゃうんです」と告白。あまりに面白い話の時は台本を覚えるのをやめて、30分聞き入ってしまうこともあるんだとか。

 隣でこのエピソードを聞いていた有村も「ちょっと心配になりますよね…」と引き気味のリアクション。有村から「ニヤニヤしてるんですか?」と聞かれ、鈴木が気まずそうに「クスクスはしてるかも…」と答える一幕もあった。
 
 また番組では、鈴木が俳優としてデビューする前に“友近亮平”という芸名で、モデルとして活動していた過去も紹介された。なぜ苗字を“友近”にしたのか問われた鈴木は、「芸人の友近さんの観察力とか表現力が天才だなと思って」とコメント。勝手に名前を使われた芸人の友近がVTRゲストとして登場し、鈴木について「好きだからといって他人の苗字を自分の名前にしてしまうって“変態”ですよ」と一刀両断し、スタジオの爆笑を誘っていた。

関連記事(外部サイト)