感動の『ひよっこ』最終回に「涙がとまらない」「紅白共演」熱望の声も!

感動の『ひよっこ』最終回に「涙がとまらない」「紅白共演」熱望の声も!

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』クランクアップで涙を見せた有村架純 クランクイン!

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』が30日、最終回を迎えた。有村架純演じるヒロイン・谷田部みね子をはじめとする登場人物が、全員笑顔で終わった最終回に、「涙が止まらない」「ありがとう」「続編が見たい」「紅白で谷田部家を見たい」といった賛辞の声が送られるとともに、見事な伏線回収劇に「圧巻」といった意見が寄せられている。

 のどかな奥茨城村で、つましいながらも幸せに暮らしてきたみね子(有村)。出稼ぎのため東京へ行った父・実(沢村一樹)の行方不明を機に集団就職で上京。下町のトランジスタラジオ工場に勤めながら父を探すも1年足らずで工場は倒産。かつて父がハヤシライスを食べた赤坂の洋食レストラン「すずふり亭」で働きながら、様々な試練を乗り越えて成長する波瀾万丈物語。実はのちに無事発見されるも、それまでのすべての記憶を失っていた。

 最終回は、みね子ら一家が「すずふり亭」を訪れるところからスタート。それは、「いつかみんなで行きたいね」と話してから実に4年の歳月が流れていた。
 
 店内には、店主の牧野鈴子(宮本信子)やその息子で料理長の省吾(佐々木蔵之介)、さらにみね子と晴れて結婚することになった前田秀俊(磯村勇斗)らが、彼らを温かく迎え入れてくれた。

 久々のハヤシライスを食べたあと、実がふと、「そういえば……重箱、預かってもらってたまま、でしたね?」と一言。4年前実は、カツサンドのお礼にと、まんじゅうを重箱に入れて店に持ってきたのだが、そのまま重箱は置いていったのだ(4月10日放送「第7話」)。記憶が少し戻ったことに、その場にいた全員は顔を見合わせた。

 そして鈴子は言った。「はい、お預かりしております」。

 放送終了後、ツイッターなどのネット上で「終わっちゃった〜。 こーんなに泣き笑いした朝ドラ初めてだったよ〜〜 良かったホント良かった 元気もらえるドラマだった!」 「忘れていた重箱の伏線を回収してくれるとは感動」といった脚本の見事さに感動するとともに、「スピンオフとか続編とかお願いします」「紅白で谷田部家の『涙くんさよなら』の合唱が見たいんですけど見せて貰えませんでしょうかね?」など、続編や紅白での再共演を熱望する声が多く集まっている。

関連記事(外部サイト)