有村架純、『ひよっこ』続編に「チャンスがあれば」 茨城でファンと最終回を迎える

有村架純、『ひよっこ』続編に「チャンスがあれば」 茨城でファンと最終回を迎える

NHK朝ドラ『ひよっこ』ファン感謝祭に出席した有村架純ら出演者 

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』が最終回を迎えた30日、ドラマのロケ地となった茨城県高萩市・高萩市文化会館でファン感謝祭が行われ、有村架純、佐久間由衣、泉澤祐希、磯村勇斗が出席した。

 ヒロイン・みね子(有村)と幼馴染の時子(佐久間)、三男(泉澤)の故郷・奥茨城村の撮影を行った茨城県高萩市。『ひよっこ』ファン感謝祭の会場に集まった視聴者代表は、最終回を鑑賞した後に有村らが登場すると、大歓声で迎えた。

 ファンと一緒に最終回を迎えた有村は、「この最後の時間をみなさんと共有でき、終わりの日にふさわしい時間になったのかなと思います」と挨拶。さらに「皆さんにこの作品が届くということを信じてずっと撮影をしてきたので、このように迎えてくださって、心から幸せに思います。茨城を舞台にした作品に出られて嬉しかったです。みなさんたくさんの愛情をありがとうございました」と感謝の気持ちを伝えると、会場のファンから熱い拍手が送られた。

 時子演じた佐久間も、「1年前にここに毎日通ってきていたので、懐かしい気持ちになって、第二の故郷に帰ってきたような気持ちになりました」と振り返り、三男を演じた泉澤も「帰ってこられて嬉しいです。今日で終わってしまいましたが、皆さんの心の中に残る作品になったんじゃないかなと思うので、ぜひ忘れないでいただけたらなと思います」と呼びかけた。

 最終回でみね子と結婚をしたヒデを演じた磯村は、東京編での出演のため、茨城のロケに参加することはなかったが、「今日こうやって最後の最後に茨城の高萩市におじゃまさせてもらって、たくさんの人に集まっていただき、幸せな最後を迎えることができました」とみね子の故郷を訪れたことを喜び、「『ひよっこ』は終わってしまったんですけれど、続きがあることを信じて、皆さん『ひよっこ』のことを忘れずに、ヒデは生き続けていくので、よろしくお願いします」と続編への期待を込めた。

 イベント終了後の囲み会見で、取材陣の続編について問われた有村も、「今まで何気ない日常を描いていたからこそ、お話の続きがなんとでも、脚本の岡田(惠和)さんの力をお借りして作れるんじゃないかなと思います。チャンスがあれば」と語った。

関連記事(外部サイト)