綾野剛、命について「すべてのことを届けられたら」 2年ぶり『コウノドリ』に意気込み

綾野剛、命について「すべてのことを届けられたら」 2年ぶり『コウノドリ』に意気込み

綾野剛、命について「すべてのことを届けられたら」 2年ぶり『コウノドリ』に意気込み クランクイン!

 俳優の綾野剛が7日、都内にて行われた10月13日スタートの主演ドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の特別試写会に、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋の主要キャストともに登壇した。綾野は「命についてすべてのことをこの作品を通して、皆様に届けられたらと思います」と意気込みを語った。

 「モーニング」(講談社)にて人気連載中の鈴ノ木ユウが描く同名のヒューマン医療漫画を基にする本作は、2015年10月期にTBSでドラマ化され、産科医療の現場をリアルに描き好評を博した作品の続編。新シリーズでは、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野)を中心に、生まれてくる赤ちゃんとその家族の出産後の未来、それに取り組む医療者たちの「未来」を見据えたエピソードを展開していく。

 綾野は「赤ちゃんが産まれたその先、ご家族が生活していかなければならない。そういった現実をきちんと描いていかなければという思いもあります。そして医者である我々のパーソナルな部分も描かれている。医者は神ではありません。ただ家族に寄り添って尽くすしかないけど、この作品を通してその思いが少しでも多くの人に響けば…」と胸の内を明かす。

 今回2年ぶりの再集結になるが、綾野によるとお互いずっと連絡は取り合っていたとのことで「またこのメンバーで同じベクトルに向かって闘える」と喜びを語った。

 また、前シリーズ終了後もお互いの作品を観ていたようで、綾野は「僕観てましたよ。源ちゃんの“オモえもん”(NHK『LIFE〜人生に捧げるコント〜』のキャラクター)とか」というと、松岡は「それ?TBSなのにそれ?」とツッコミ。そして代表作『逃げるは恥だが役に立つ』の話を促すと、星野は「今回は踊らないし笑わないよ」と笑顔。さらに吉田が「綾野さん、人間になるの?フランケンになってたじゃん」とかぶせるともはや収集のつかないクロストークに。星野が「これ誰も止める人がいないの?」と苦笑いしていた。

 そんな星野は「2年空いた感じがしない。ロケ場所もスタッフさんも一緒。また楽しい空間にタイムスリップした感じ」と語る。その星野が演じる四宮は笑わないキャラクターだったが「今回は四宮はいつ笑うのか?」との司会者が問うと、「僕の前ではよく笑ってくれるよね」と綾野はニッコリ。対して「それは星野源としてだもんね(笑)」とファンを萌えさせるやりとりを見せていた。

 金曜ドラマ『コウノドリ』は、TBS系にて10月13日より毎週金曜22時より放送(初回15分拡大)。

関連記事(外部サイト)