綾野剛・星野源らが綴る命の物語『コウノドリ』に涙腺崩壊!「感動した」の声集まる

綾野剛・星野源らが綴る命の物語『コウノドリ』に涙腺崩壊!「感動した」の声集まる

『コウノドリ』に出演する綾野剛と星野源 クランクイン!

 綾野剛、松岡茉優、星野源、坂口健太郎ら豪華キャストで産婦人科医療の世界を描いたドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)の第1話が13日に放送。第1話では、志田未来演じる耳が聞こえない妊婦とキャリアウーマンの妊婦がそれぞれ悩みを抱えながら出産に挑む姿が描かれ、ネットでは「開始すぐうるった、中盤で泣いた、終盤でも泣いた」「最高すぎた。 1話からめっちゃくちゃ感動」と、初回から号泣したという視聴者の声が多く寄せられた。

 本作は、鈴ノ木ユウによる大ヒットコミックを原作に、「出産」に関する医療従事者と患者を描いた人間ドラマ。2015年10月にドラマ化され、今回はその続編となる新シーズンだ。

 前シーズンから時が経ち、鴻鳥サクラ(綾野)は、ベテランの域に入っていた。サクラは、かつての恩師である荻島勝秀(佐々木蔵之介)が働く離島の病院へ研修に行き、島の人たちと近い距離で向き合う姿を見て、あることを思いながら「ペルソナ」に帰ってきた。ペルソナでは、研修医だった下屋(松岡)と新生児科の白川(坂口)もそれぞれ専門医となって精力的に働いている。そんな中、助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見(志田)を診察したサクラはホワイトボードを使って、筆談で説明を行うことに。一方、産婦人科医・四宮(星野)は、早く仕事に復帰したい佐野彩加(高橋メアリージュン)の診察で、お腹の中の赤ちゃんに心臓の疾患があることを発見する…。

 リアルな産婦人科の現場を描き、女性を中心に多くの共感を集めた本作。今シーズンも、「開始10分で泣いた」「コウノドリ泣きっぱなしや 毎週毎週泣いてたら涙がカラッカラになるよ(笑)」と絶賛するコメントがネットに多数寄せられている。さらに、「父親って無力だ。でも、親でいられることって幸せだ」「やっぱ産後の支援も大切だよなって実感。 何度もドラマの最中に言ってたけど、お産は奇跡だけどその後には現実が待っているのよ」など、出産や女性の生き方について考える視聴者も多かったようだ。

 また、彩加の夫(ナオト・インティライミ)の「(赤ちゃんのお世話を)手伝うよ」という発言にに対し、星野演じる四宮が、「手伝うんじゃない。あんたの子だよ」と言い放ったシーンに、「何人の人が拍手したろう」「『いや、お前の子供やろ』と口にでかかったときに四宮先生がズバッと一言。かなり胸がスカッとしました」「四宮先生の発言は後世まで語り継がれるべき」と共感する声が上がるとともに、「好きです四宮先生」「キュン死しちゃいます」と胸をときめかせたというコメントも集まった。

関連記事(外部サイト)