山本美月、TVドラマ初主演で自動車デザイナーに!クールなレーシングスーツ姿を披露

山本美月、TVドラマ初主演で自動車デザイナーに!クールなレーシングスーツ姿を披露

山本美月テレビドラマ初主演『真夜中のスーパーカー』(C)NHK

 山本美月がテレビドラマ初主演を果たす『真夜中のスーパーカー』(NHK BSプレミアム/2018年3月28日22時)のポスタービジュアル、イメージビジュアルが解禁。愛知県・長久手市の自動車博物館を舞台にした本作にちなみ、スポーツカーを背景に、レーシングスーツを身にまとった山本のクールな美しい姿がお披露目された。

 本作は、国産車史上の最高傑作と称される「2000GT」に憧れるカーデザイナー・白雪(山本)を中心に描かれるファンタジー作品。白雪は2000GTを作りたいと夢見ていたが、自動運転の開発チームに異動となってしまった。ショックを受けた白雪は、憧れの名車と会おうと訪れた自動車博物館で、2000GTを盗み出そうとしていた日系ブラジル人のリカルド(上遠野太洸)、謎のレーシングスーツの男(唐沢寿明)に出会うのだが…。

 初めてテレビドラマで主役を演じる山本は、「衣装のレーシングスーツはオーダーメイド!サイズぴったりで私だけのもの、という印象を受けました」と大喜び。「2000GTの姿は思ったよりレトロで丸っこくてかわいかったです!」といい、早くも自動車の世界になじんでいるようだ。

 また、2000GTを題材にしたドラマと聞いて、ぜひ出演したいと思ったという唐沢は、「漫画『サーキットの狼』で2000GTが日本車と知ったのは小学生の時。外車に負けない個性が衝撃的でした」と回想。プライベートでは2000GTが愛車であるらしく、「オーナーになった今は、走っていると皆が笑顔で声をかけてくれます。この車を愛する者として嬉しいですね」と思いを語っている。

 ドラマ『真夜中のスーパーカー』は、NHK BSプレミアムにて2018年3月28日22時放送。

関連記事(外部サイト)