『民衆の敵』高橋一生&千葉雄大、朝ドラコンビに「わろてんかですね」

『民衆の敵』高橋一生&千葉雄大、朝ドラコンビに「わろてんかですね」

高橋一生&千葉雄大、朝ドラコンビにショットに反響 ※『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』ツイッター

 10月23日よりスタートする新ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の公式ツイッターにて14日、高橋一生と千葉雄大の2ショットが公開された。現在放送中の朝ドラに2人が出演したことから、ファンからは「わろてんかですね」などのコメントが寄せられている。

 本作は、学歴なし、政治知識も経験もない素人新米ママさん市議会議員・佐藤智子(篠原涼子)が、「しあわせになろうね!」をキャッチコピーに、市民の不満に寄り添い、市政にはびこる悪や社会で起きている問題に立ち向かう姿を描く。キャストには石田ゆり子、前田敦子も名を連ねており、劇中で高橋は智子と選挙戦で議席を争う議員・藤堂誠を、千葉は同じく議員の岡本遼を演じる。

 「#フタリシチサン逆」という言葉とともに投稿された写真には、物語の舞台である「あおば市」の応接室のソファに座って微笑みを浮かべる高橋と、精悍な顔つきを見せる千葉の姿が収められている。

 写真を見たファンからは、「一生さんのゆる感かわいすぎます」「わたし的に幸せで癒しダァ(泣)」といったコメントのほか、2人が放送中のNHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演したことから「わろてんかですね!笑」「わろてんかを思い出しました」「わろてんかでは惜しくもツーショット無かったので嬉しいです」などの声も寄せられている。

引用:https://twitter.com/minshuuno_teki

関連記事(外部サイト)