欅坂46・守屋茜、『欅のキセキ』新CMに笑顔「最後のねるちゃん、すごいかわいい」

欅坂46・守屋茜、『欅のキセキ』新CMに笑顔「最後のねるちゃん、すごいかわいい」

欅坂46、『欅のキセキ』アプリリリース&新CM発表会に登壇 クランクイン!

 欅坂46の石森虹花、尾関梨香、小池美波、小林由依、菅井友香、長濱ねる、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐が、19日に都内で行われた公式ゲーム『欅のキセキ』アプリリリース&新CM発表会に、プロデューサーを務めた公文善之と出席。完成したCMを見た守屋は、「最後のねるちゃん、すごいかわいい(笑)」と長濱の表情を絶賛した。

 18日に配信開始となった本作は、欅坂46が歩んだ成長の軌跡と、メンバーが起こした奇跡をたどるドキュメンタリーライブパズルゲーム。運命のオーディションから物語はスタートし、プレイヤーは、新米マネージャーとしてメンバーを支え、ともに成長していく。

 25日より放送開始となる新CMは、欅坂46の軌跡を回想するドキュメンタリーバージョン2種と、メンバーが楽屋で実際にゲームに興じる様子を収めたパズルゲームバージョン1種の、計3種類。菅井はドキュメンタリーバージョンの撮影を振り返り「ちょっと段取りっぽくなってしまって(笑)」と照れながらも、「完成(したCM)を見たら、すごくいいものに仕上げてくださっていて、とてもありがたいです」と満足げ。

 長濱は「今まで撮ったミュージックビデオの撮影の場所に行ったんですけど、いろいろなことを考えながら、思い出しながら歩いたら、すごく感慨深い気持ちになって、あっという間の日々だったなって思いました」と述懐。周囲の反響に話が及ぶと、「父は携帯電話がスマートフォンではないんですけど、どうしてもやりたいということで、母にわざわざスマートフォンを借りて、どうやってダウンロードするのかを聞いて楽しみにしていました」と笑顔を見せた。

 一方、守屋はパズルゲームバージョンのCM撮影について「普段の楽屋の雰囲気と本当に似てて、みんな撮影って忘れるくらい、夢中になって遊んでました」と回想し、「昔の写真とか、自分も知らないような、裏話とかのストーリーもあって、自然に驚きました」とゲームの魅力をアピール。また、「最後のねるちゃん、すごいかわいい(笑)」と長濱がCMの最後に見せている自然な表情を絶賛していた。

関連記事(外部サイト)