渡辺麻友、卒業コンサートで大粒の涙「私が信じて歩んだ道は間違ってなかった」

渡辺麻友、卒業コンサートで大粒の涙「私が信じて歩んだ道は間違ってなかった」

「渡辺麻友 卒業コンサート〜みんなの夢が叶いますように〜」を開催した渡辺麻友(C)AKS

 AKB48の“王道アイドル”渡辺麻友のグループ卒業コンサート、「渡辺麻友 卒業コンサート〜みんなの夢が叶いますように〜」が、10月31日さいたまスーパーアリーナで開催され、渡辺は「11年間、私が信じて歩んできた道は間違っていなかったんだなと思うことが出来ました」とファンに感謝の気持ちを伝えた。

 卒業発表から4ヵ月が経ち、地元である埼玉で開催された本コンサートは、何度も打ち合わせを重ねて、渡辺自身が楽曲や構成を考えたという、11年間のAKB人生の集大成となるもの。そんなラストコンサートの1曲目には、チームB初のオリジナル公演のオープニングを飾り、後にリクエストアワーで1位を獲得するなど、AKB48を代表する楽曲に成長した『初日』が選ばれた。純白のドレスで登場した渡辺は、オーケストラの演奏のなか、1人で熱唱するが、感極まり声を詰まらせる場面も。

 その後は、初めて選抜メンバーに選ばれた『BINGO!』や、松井珠理奈、山本彩、指原莉乃らとのユニット曲の披露など、渡辺にとって思い出深い曲が続く。同期で盟友の柏木由紀とは、色違いの同じ衣装に身を包み、寄り添いながら“まゆゆきりん”の楽曲『悲しい歌をききたくなった』を初披露。歌唱後のトークでも、2人らしい掛け合いを見せ会場を盛り上げる。

 念願の選抜総選挙1位を獲得した際の楽曲『心のプラカード』では、メンバーたちが、“まゆゆ”へのメッセージをプラカードに書いてパフォーマンス。各メンバーからの感謝や尊敬の気持ちが綴られ、仲間や後輩想いな渡辺の一面が垣間見られた。

 本編のラストを、初めてセンターを務めた『So long!』、11月22日リリースのラストセンターシングル『11月のアンクレット』で終えた渡辺は、そっとマイクをステージに残し退場。「まゆゆ」コールの中、再び純白のドレスで登場すると、「感謝をしてもしきれないです。11年間、私が信じて歩んできた道は間違っていなかったんだなと思うことが出来ました」とファンや仲間、スタッフへの感謝の気持ちを伝えた。

 卒業ソング『サヨナラで終わるわけじゃない』、初代チームBメンバーの卒業生も集結した『初日』を瞳を潤ませながら歌いきると、いよいよ最後の瞬間を迎える。11年間、一番近くで苦楽を共にしてきた柏木から、感謝とさみしさ、これからも変わらない友情を綴った手紙を読まれると、渡辺は大粒の涙を落とし抱き合った。

 最後の楽曲には、AKB48を知るきっかけとなったという『桜の花びらたち』が選ばれ、翼の付いたゴンドラに乗り込み、メンバーや1万7000人のファンに見守られながら、ステージを去っていった。

 渡辺は12月20日に自身初のソロアルバムを発売し、AKB48を年内いっぱいで卒業。卒業後は女優の道を進む。

関連記事(外部サイト)