乃木坂46・松村沙友理、2017年の漢字は「夢」 メンバーとのお尻秘話も明かす

乃木坂46・松村沙友理、2017年の漢字は「夢」 メンバーとのお尻秘話も明かす

乃木坂46・松村沙友理、ファースト写真集『意外っていうか、前から可愛いと思ってた』発売記念イベントを開催 クランクイン!

 乃木坂46の松村沙友理が、15日に都内で開催された1st写真集『意外っていうか、前から可愛いと思ってた』(小学館)の出版記念お渡し会に出席。2017年を振り返った松村は、「いろんな夢が叶った1年だった」と満足気に語った。

 12日に発売された本作は、松村が専属モデルを務めている女性ファッション誌「CanCam」がプロデュースを手掛け、ハワイのオアフ島で撮影を行ったこだわりの一冊。松村の水着、ウェディングドレス、ランジェリー姿のほか、ハワイのグルメや自然に触れる様子も楽しむことができる。

 完成した写真集を手にした松村は「乃木坂46の人生6年間が詰まったもの。結構トレードマークのツインテールもいっぱいあるし、でももう大人になってきたので、ちょっと大人っぽいセクシーなカットもいっぱい詰まっていて。一緒に見てくださる方とハワイにいるような気持ちになれる、ハッピーな写真集です!」と魅力をアピール。タイトルについては「6年間ずっと可愛かったけど、この写真集を見たら、やっぱり松村は可愛いんだなっていうのを再認識してもらおうという意味で、これにしました」と説明した。

 お気に入りの写真には赤いビキニを着用した1枚を選び、「なんといっても、お尻(笑)。この水着、お尻出ちゃってて。自分で見ても、可愛い、持ち上げたくなるようなお尻だなと思って、結構お気に入りです」とニッコリ。他のメンバーと比べてお尻が大きかったことがコンプレックスだったというが、「生駒(里奈)ちゃんは私のお尻を太鼓のように叩いてくるので。歌収録の合間とか、すごい(笑)。まいやん(白石麻衣)も絶対触ってくるし、みんな私のお尻は大好きだと思います」と笑う。

 そんな松村の今年の漢字は「夢」。「ずっと好きだったものとか、夢を叶えさせていただいた1年だったし、写真集もそうですし、テレビ番組で平野綾さんと大好きなアニメソングを歌わせていただいたり」と振り返り、「乃木坂46のグループとしても、東京ドーム公演だったり、アジアでライブをしたりとか。いろんな夢が叶った1年だった」と満足気に語った。

関連記事(外部サイト)