<17年7月期ドラマ総括>月9『コード・ブルー』が独走! 『カホコ』で竹内涼真がブレイク

<17年7月期ドラマ総括>月9『コード・ブルー』が独走! 『カホコ』で竹内涼真がブレイク

<17年7月期ドラマ総括>月9『コード・ブルー』が高視聴率獲得、『カホコ』で竹内涼真がブレイクするなど話題作が多数 クランクイン!

 2017年夏ドラマ(7〜9月期)は、山下智久が主演を務めた医療ドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』(フジテレビ)の新シーズンが視聴率トップを独走したクールとなった。2008年にファーストシーズンが放送されて以降、高視聴率を連発した人気シリーズの3作目で、最終回で最高視聴率16.4%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)を記録し、「月9」枠のドラマとして久しぶりにクールトップに輝いた。

 1990年代から2000年代初頭にかけて、『東京ラブストーリー』『ひとつ屋根の下』『ラブジェネレーション』と伝説的ドラマを数々放送し、高視聴率を連発してきたフジテレビ月曜21時ドラマ、通称「月9」。『HERO』『ガリレオ』に続く、高視聴率シリーズ作として注目されていた『コード・ブルー』のサードシーズンは、期待通り、最終回まで独走状態で走りきった。ファーストシーズンから、“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指す若者たちが成長していく姿を描き、リアルな医療現場と人間ドラマで大きな感動を呼んできた本作。サードシーズンでは、医療者としての葛藤や人生の岐路での迷いを描き、見るものの胸を熱くさせた。また、山下に加え、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介と、主役級のキャストが揃うことも魅力の一つだ。2018年7月27日に映画が公開されることも決定し、こちらも大ヒットが予想されている。

 2017年に最もブレイクした俳優といえば、竹内涼真が思い浮かぶが、そのきっかけとなったのが、高畑充希が主演した『過保護のカホコ』(日本テレビ)だ。この作品は、何から何まで親の庇護のもとに育ち、過保護の象徴のような女子大生・カホコが、一人の青年に出会ったことから成長していくホームドラマ。誰からも甘やかされてきたカホコにも「ダメなものはダメ」とはっきりと伝えながら、愛情溢れる言葉で思いやる竹内演じる麦野初の姿に、「胸キュンシーンだらけ」「興奮が収まらない」などの声が集まり、キュン死する視聴者が続出。竹内のイケメンっぷりが際立つ1作となった。

 武井咲が主演した『黒革の手帖』(テレビ朝日)も、最高視聴率13.0%と好評を博した作品だ。これまで何度も映像化されてきた、松本清張原作のドラマだが、現代風の味付けが受け、多くの視聴者を引きつけた。本作の放送終了直前に、EXILEのTAKAHIROとできちゃった結婚を発表し世間を驚かせた武井だが、演技の評価が高く、「新たな魅力を発見した」「すごく面白かったし、いい女優さんになった!」とSNSでは絶賛する声も多かった。また、最終回のラストシーンで、武井演じる原口元子が、謎の笑みを浮かべたことから、その意味をめぐってSNSでは推理合戦にも発展、大きな話題となった。

 このほか、2017年夏クールには、長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎という人気俳優たちの三角関係を描いた『ごめん、愛してる』(TBS)、渡辺直美主演、要潤のクズ夫っぷりも話題になった『カンナさーん!』(TBS)、福士蒼汰が人を殺した過去を持つ青年を演じ、新境地を見せた『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ)など、多彩なドラマが並んだ。

 また、有村架純が主演したNHK連続テレビ小説『ひよっこ』がついに終了。後半になるにつれ視聴率が上昇し、全話平均視聴率20.4%を記録。「『あまちゃん』以来の傑作」「面白かった!」など高評価を獲得し、朝ドラ史上に名作として名を刻んだ。(文:嶋田真己)

関連記事(外部サイト)