菅田将暉、『トドメの接吻』で謎のストリートミュージシャンに 主題歌も担当

菅田将暉、『トドメの接吻』で謎のストリートミュージシャンに 主題歌も担当

菅田将暉、新ドラマ『トドメの接吻』で主題歌&謎のミュージシャン役に(C)日本テレビ

 菅田将暉が、2018年1月7日にスタートする山崎賢人主演の新ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)で、主題歌『さよならエレジー』を担当することが分かった。さらに、劇中で山崎演じる主人公にアドバイスを贈る謎のミュージシャン・春海一徳役で出演することも明らかとなった。菅田は「初めての主題歌ですし、それが昔からの友達である山崎賢人が主演のドラマ、ということで深い縁を感じています」と語っている。

 本作は、カネと権力だけを追い求める主人公のホスト・堂島旺太郎(山崎)が、“ある女”(門脇麦)のキスにより死亡するものの、次の瞬間に目覚めると7日前に戻っており、そこから死のタイムリープをくり返すという異色のラブストーリー。キャストには、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗らも名を連ねている。

 菅田の担当する主題歌『さよならエレジー』は、一人の男の孤独感、切なさを表現した一曲で、シンガーソングライターの石崎ひゅーいによる歌詞やメロディーと菅田の歌声が折り重なる、人肌恋しい季節にはぴったりのナンバー。菅田は「歌詞は、『まっすぐ伝える言葉』というよりは、ひゅーい君らしい、『どこか切ない言葉』になっています」と楽曲の世界観を伝える。「寂しくなったりだとか、人恋しくなったりだとか、一人になった時に聞きたくなるような、“寒さ”の中で聞きたくなる一曲です」と魅力をアピールした。

 劇中で演じる一徳は、旺太郎のアパート近くで、終電を逃したサラリーマンや浮浪者を相手にギターを奏でる謎のストリートミュージシャンという役どころ。友人の山崎との共演に「以前から『一緒にやりたいね』と話していたし、元々俳優仲間というよりは、友達同士、という関係のスタートだったので、昔とは違った自分たちが、どのように交われば、手を組めば面白いものになるか…。とても待ち遠しいです」と語る。また、同世代の共演者が多いことから「賢人にはしっかりと先頭を走っていただき、僕は皆の一番後ろ、『しんがり』として務めていければなと思っています」と特別な思いを寄せている。

 ドラマ『トドメの接吻』は、日本テレビ系にて2018年1月7日より毎週日曜22時30分放送(初回は22時より拡大放送)。

関連記事(外部サイト)