裕木奈江、『FINAL CUT』で亀梨和也の亡き母親役に 民放連ドラ23年ぶり出演

裕木奈江、『FINAL CUT』で亀梨和也の亡き母親役に 民放連ドラ23年ぶり出演

裕木奈江、亀梨和也主演『FINAL CUT』で約23年ぶりに民放連ドラ出演(C)カンテレ

 女優の裕木奈江が、亀梨和也が主演する2018年1月9日スタートの新ドラマ『FINAL CUT』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)に出演することが分かった。約23年ぶりとなる民放の連続ドラマ出演に裕木は「久々ですけど、日本の撮影現場の雰囲気はびっくりするくらい昔と一緒」と撮影の様子を語っている。

 本作は、亀梨演じる主人公・中村慶介が、12年前の因縁を巡り復讐を果たそうとする姿を描くヒューマンドラマ。共演には、藤木直人、栗山千明、橋本環奈、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)、やついいちろう、杉本哲太、鶴見辰吾、升毅、水野美紀、佐々木蔵之介らが名を連ねている。

 裕木が演じるのは、女手ひとつで慶介を育てる心優しい母親・恭子。ある日、自身の保育園に通う女児が殺される事件が発生し、百々瀬塁(藤木)が司会を務めるワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』から犯人扱いされる。次第に追い込まれていき、みずから命を絶つことになるという、慶介の“復讐”の引き金になる重要な役どころだ。

 メディアによって追い詰められるという難役であるが、裕木は「ずっと攻撃される役ですので厳しいです(笑)」と吐露。「役を憑依させると、辛い気持ちのまま2、3日いるしかないですし、ご飯がおいしくなくて、食欲も無くなってきますし、夜もよく眠れない」と明かすが、「そういったシーンを撮り終えた今日は、ご飯がおいしくなると思います(笑)」と語る。

 ハリウッドでも活躍する裕木だが「微妙な表現が出来ること」が海外と日本の撮影現場での違いだと話し、「アジア人、特に日本人の自分はハリウッドではマイノリティーですから、英語のセリフの有り無しに関わらず、周囲に誤解されないように必要以上にナイスであろうと力が入ってしまいます」と現地での心境を告白。

 本作について「決めゼリフがある二枚目の主人公がいて、エンターテインメントとしてすごく楽しく見られる人間ドラマ」と語る裕木。「この作品は『正義はあっていいんだ』ってことを本当に真っ直ぐに伝えています。その正義のため、時に苦労する主人公を応援しながら見られる作品です。亀梨さんとの共演はありませんが、母として天国から彼の復讐劇を楽しみに見ております!(笑)」と視聴者へメッセージを伝えている。

 ドラマ『FINAL CUT』は、カンテレ・フジテレビ系にて2018年1月9日より毎週火曜21時放送(初回は15分拡大)。

関連記事(外部サイト)