浜辺美波&高杉真宙、“個性的なキャラ”だからこそ「見たくなる作品にしたい」

浜辺美波&高杉真宙、“個性的なキャラ”だからこそ「見たくなる作品にしたい」

『賭ケグルイ』浜辺美波&高杉真宙インタビュー クランクイン!

 生徒たちの階級がギャンブルで決まるという学園を舞台に、個性豊かな“賭け狂った”キャラクターたちが常軌を逸したギャンブルの世界に身を投じていく新ドラマ『賭ケグルイ』。浜辺美波、高杉真宙、森川葵ら旬の若手俳優が集結する本作で、狂気さえ感じられるほどの表情と演技で新境地を開いた主演の浜辺と、ストーリーの狂言回し的な重要な役割を果たす高杉に、物語の印象や役柄への取り組みについて話を聞いた。

 一見清楚な美少女でありながら、リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”でもあるヒロイン・蛇喰夢子役に扮する浜辺は本作について、「素敵な世界観だと純粋に思いました。見てもやってもたぎっちゃうような世界観とか」と原作の持つ魅力に強く引き込まれた様子。高杉も「(賭け遊びは)負けず嫌いなので、負けても何度もやっていられるかも」と、抵抗なく取り組めたと明かす。

 第1話から山場のギャンブルシーンで、浜辺はこれまでにないほどのおぞましい“賭ケグルイ”の表情を披露しているが、演技については「ここまで個性があると、逆にやりやすい部分もあったと思います」とその表情を見せることに、それほど難しさは感じなかったという。一方、自身が演じる鈴井涼太の印象を「オドオドして弱いままに展開、オドオドしたまま終わる」とユーモラスに語る高杉だが、対照的に演技には「普通はなかなかする機会がない役柄なので、後先考えず全力で楽しんでやらせていただきました。全力でやれなかったら、自分がやっている意味がないと思って」と積極的な姿勢を見せている。

 浜辺は、作品を手がけた英勉監督より「ギリギリでコスプレにならないよう」との助言を受けたそうで、原作への忠実さを意識しつつ「ギリギリ実写として見たくなる作品にしたい、という意図として受け取りました」と解釈し演じたという。高杉も「キャラクター性を崩さず、かつどこまで人間味を出せるかを意識しました」と共通した考えを示すが、劇中では緊迫感を含む表情を見せたり、時に激しい言動や動きも披露するなど、あえて原作のイメージを崩す方向にも積極的にチャレンジしている。

 森川が演じる芽亜里も、劇中では重要な役割として浜辺、高杉に絡み、シーンを盛り上げる。特に浜辺と森川の対決シーンは物語の序盤の大きな見どころの一つだ。今回が初共演だという浜辺も、このシーンで森川から大きな影響を受けたと明かす。「表情ひとつでも、見入ってしまう顔をされて勉強になりました。本当に印象的で忘れられない」と森川の技量を称賛する。森川とは5回目の共演となる高杉も「とても器用で、僕の持っていないものをたくさん持っている。それを改めて感じました」とその演技力に感服したようだ。

 そんな浜辺、高杉、森川らを中心に展開するこのドラマ。浜辺は「ゲームの中で繰り広げられる心理戦と、続々と登場する個性的なキャラクター」が大きな魅力と語る一方、高杉も「いい意味で協調のない世界というか、みんな全力なので(見ている人も)濃い時間を過ごすことができるのでは」と作品をアピールする。緊張の勝負シーンからは張り詰めた空気を感じるだけでなく、さまざまな人間模様からイマジネーションもかき立てられるこの作品で、是非“賭ケグルイ”の気持ちを味わってみてもらいたい。
(取材・文:桂伸也/写真:坂本碧)

 ドラマ『賭ケグルイ』は、MBSにて毎週日曜24時50分、TBSにて毎週火曜25時28分放送。

※【浜辺美波】ヘアメイク:鎌田順子/スタイリスト:有咲
 【高杉真宙】ヘアメイク:堤紗也香/スタイリスト:石橋修一

関連記事(外部サイト)