木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』、豪華キャストに「スピンオフも期待!」の声

木村拓哉主演『BG〜身辺警護人〜』、豪華キャストに「スピンオフも期待!」の声

木村拓哉主演ドラマ『BG〜身辺警護人〜』、共演者の豪華な顔ぶれにスピンオフ期待の声 クランクイン!

 木村拓哉が主演を務めるドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第1話が18日に放送され、江口洋介や石田ゆり子といった共演者の豪華な顔ぶれに、「スピンオフもできそう!」と今後の展開に期待する声が集まった。

 『BG〜身辺警護人〜』は、武器を持たず人を守る民間の警護人“BG=ボディガード”を主人公にしたドラマ。ある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となった元敏腕ボディガードを主人公に、彼が過去を隠し新人ボディガードとして復帰し、チームの仲間とともに一癖も二癖もある依頼者の警護にあたる姿を描いていく。

 第1話は、敏腕ボディガード・島崎章(木村)が人気サッカー選手・河野純也(満島真之介)の身辺警護に当たっている姿からスタート。そして時は移って現代。章は道路工事の警備員をしていた。そこに一台の黒塗りの車が通りかかると、後部座席には連日のようにマスコミを賑わせる現職大臣・立原愛子(石田)の姿が。記者に追われ急を要する気配を感じた章は車に抜け道を指示する。

 その翌日、章は自身が勤める日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)に呼び出され、身辺警護課の新設とボディガードとしての着任を打診される。ボディガードの世界から身を引いていた章は戸惑いながらも、今関の強い希望を受け入れることに。厳しい訓練を終えた章はチームの仲間とともに、初の任務に挑んでいく。

 木村をはじめ江口、石田、斎藤工、菜々緒など主演級キャストが集結した本作。ドラマの冒頭からSNS上では「キャストが超豪華!」「これだけ主演級がいたらスピンオフとかできそう」などの投稿が寄せられた。章と同じ身辺警護課に所属しながらメンバーと距離を置く高梨雅也(斎藤)や、チーム唯一の女性ボディガード菅沼まゆ(菜々緒)といった個性豊かなキャラクターが登場すると、「斎藤工と菜々緒のバチバチが最高」「高梨は過去に何があったの?」など今後の展開に期待するツイートも寄せられた。

 さらに視聴者の間では、劇中で木村が着用していた衣装が注目され、ネット上ではユーザーが早々にブランドの“特定”に乗り出した。ドラマ前半のトレーニングシーンで木村が来ていたパーカーが都内を中心に柔術道場を展開するCARPE DIEM(カルペディエム)のものであることがわかると、さらにドラマの終盤で木村が着用していた蜂の刺繍の付いたシャツが話題に。これがDior Homme(ディオールオム)のものであることも特定され、「さすが!」「オシャレBG!」などの声が集まった。

関連記事(外部サイト)