『わろてんか』第17週、藤吉はてんに寄席のイロハを教える 一方アメリカ行きの夢を…

『わろてんか』第17週、藤吉はてんに寄席のイロハを教える  一方アメリカ行きの夢を…

『わろてんか』第17週「ずっと、わろてんか」(C)NHK

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は22日から第17週「ずっと、わろてんか」が放送される。脳卒中を克服し仕事に復帰した藤吉(松坂桃李)は、てん(葵わかな)に寄席興行のイロハを教えようと、仕事でも常に夫婦一緒に行動するようになっていた。葵はインタビューで「第18週からてんに大きな環境の変化があり、まったく新しいシリーズが始まるといってもいいくらい」と語っていたが、今週はそれに向けた転機になる内容になるかもしれない。

 東京を視察し刺激を受けた藤吉は、風太(濱田岳)に百年以上続く万歳を作れとハッパをかけ、自分は新しい笑いを求めアメリカに行きたいと夢を語る。

 風太は、新しい万歳をみつけるべく、キース(大野拓朗)やアサリ(前野朋哉)と一緒になってさまざまな試行錯誤を始める。どつき万歳とは違う、しゃべりだけの万歳という新機軸を打ち出して、万丈目(藤井隆)に台本を書かせることを思いつく。そんな時、アメリカから啄子(鈴木京香)が突然帰国し、てんや藤吉と久しぶりの団らんを楽しむのだが…。

 先週放送された第16週「笑いの新時代」では、昭和になりラジオ放送が始まり、万歳を重視する風太と、落語を大切にしたい藤吉が対立。そんな折、藤吉は突然脳卒中で倒れ入院するが、てんの看病の甲斐もあり意識を取り戻す。一方、団吾(波岡一喜)にラジオ出演の誘いが来るが、寄席に客が来なくなると藤吉や風太は猛反対。団吾の出演を阻止しようと大阪の放送局の前にいた風太をよそに京都から生出演した団吾。披露した東京の落語「死神」は藤吉に向けた内容で、放送から団吾の寄席への愛情を感じた藤吉とてんはラジオとの共存を決め、笑いの新時代を歩み始める。

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は総合テレビにて月曜〜土曜8時放送。

関連記事(外部サイト)