竹内涼真&葵わかな、二宮和也主演ドラマ『ブラックペアン』で新人医師&看護師に

竹内涼真&葵わかな、二宮和也主演ドラマ『ブラックペアン』で新人医師&看護師に

『ブラックペアン』に出演する二宮和也、竹内涼真、葵わかな、倍賞美津子、小泉孝太郎、内野聖陽(C)TBS

 竹内涼真と葵わかなが、4月にスタートする二宮和也の主演ドラマ『ブラックペアン』(TBS系/毎週日曜21時)で、それぞれ新人医師と手術室看護師に扮することが発表された。研修医一年目の世良雅志に扮する竹内は「まだ青いけど一所懸命で真っ直ぐな世良と同様に僕も精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを明かしている。

 海堂尊の小説『新装版 ブラックペアン1988』(講談社文庫)を基にする本作は、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医で、その傲慢な性格と言動から“オペ室の悪魔”と呼ばれる渡海征司郎(二宮)が、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に立ち向かい、新技術導入を巡るさまざまな不正や隠された過去を暴く姿を描く、痛快な医療エンターテインメントドラマ。劇中では「ブラックペアン」と呼ばれる真っ黒なペアン(止血用鉗子)に隠された真実をめぐる駆け引きと、渡海自身が抱える因縁も明らかになっていく。

 竹内が演じるのは、東城大学医学部付属病院の研修医一年目の世良雅志。世良は常識外れな渡海の言動に翻弄され、反発する一方で、自分の非力さを痛感し、医師として成長していくという役どころだ。葵は手術での器械出しを担当しはじめたばかりの新人で、渡海の手術での手技に圧倒されながらも、とっつきにくい渡海を徐々に理解していく手術室看護師・花房美和に扮する。

 また、原作には描かれないオリジナルキャラクターとして、渡海の母・渡海春江を倍賞美津子が演じる。さらに、渡海と対立する新任エリート講師・高階権太役で小泉孝太郎が、日本屈指の腕を持つ心臓外科医・佐伯清剛教授役で内野聖陽がキャストに名を連ねる。 

 竹内は「医療ドラマに出演したい!と心の中で密かに思っていたのでその願いが叶いとても嬉しく思います」と喜びのコメント。そして「僕が演じる世良雅志は研修医です。そのため右も左もわからないところから始まります。まだ青いけど一所懸命で真っ直ぐな世良と同様に僕も精一杯頑張りたいと思います」と心境を語る。一方、NHK連続テレビ小説『わろてんか』にも出演中の葵は「今の自分からは分からないことも多いですが、オペナースを志した花房美和というキャラクターと一緒に、知識も心も成長しながら、彼女にしかない熱を乗せて行けるよう頑張りたいです」と思いを明かしている。

 日曜劇場『ブラックペアン』は、TBS系にて4月より毎週日曜21時放送。

関連記事(外部サイト)