吉岡里帆、事務所の後輩が「すごく可愛くってプレゼントを贈りたい」と笑顔

吉岡里帆、事務所の後輩が「すごく可愛くってプレゼントを贈りたい」と笑顔

吉岡里帆、腕時計ブランド「エンジェルハート」新イメージキャラクター就任会見に登場 クランクイン!

 女優の吉岡里帆が、21日に都内で開催された時計ブランド「エンジェルハート」のイメージキャラクター就任式・新商品お披露目記者会見に出席した。吉岡は高校受験後に両親から時計をプレゼントされたエピソードや、事務所の後輩である田中真琴に時計を贈りたいと思っていることを明かした。

 「エンジェルハート」は、「恋する女の子のお守りになるような」デザインが特徴的なブランド。当日にお披露目された、“恋をする女の子の一日の始まり”を表現した同商品のショートムービーに出演している吉岡は、撮影を振り返り「すごく和気あいあいとしていて、テーマが恋をする女の子なので、ちょっと心弾むような、キラキラしたイメージで撮影していました」とコメント。

 腕時計を選ぶポイントを問われると「まずはシンプルであること。腕時計って、ずっと着けるものだと思うので、いつも一緒にいても違和感のないものを選びますね。あとは少しときめけるもの。視界に入ってきたときに、今日着けていてもそうですけど、ちょっとキラッとしていたりとか、好きな色味だと、気持ちも上がる」と答えた。

 時計にまつわる思い出を聞かれると、「高校受験がとても大変だったので、第一志望に受かったときは、両親が時計をプレゼントしてくれました」と明かし、「そのときの時計は、レザーですごく小ぶりで。今でもお守りみたいにして持っています」と頬を緩ませた。

 これまでに時計をプレゼントした経験はないというが、「私も事務所に後輩ができまして、その子にプレゼントしたいなって思っています」と発言。その後輩とはドラマ『きみが心に棲みついた』でも共演するモデルの田中真琴で、「ずっと自分が後輩だったんですけど、先輩になるとすごく可愛くって、喜ばせたい!って思う」とニッコリ。新たにラインナップされた4種の時計の中で、プレゼントするならどれがいいかとの質問には、「まこっちゃんは、普段がカジュアル目なので、白のレザーのPastel Heart(パステルハート)。シンプルで合わせやすいので、好きじゃないかなって思っています」と話していた。

関連記事(外部サイト)