斎藤工&二階堂ふみで赤川次郎『探偵物語』再ドラマ化 斎藤は松田優作の墓前に報告

斎藤工&二階堂ふみで赤川次郎『探偵物語』再ドラマ化 斎藤は松田優作の墓前に報告

斎藤工&二階堂ふみ、ドラマ『探偵物語』で共演 赤川次郎の名作を34年ぶりに映像化(C)テレビ朝日

 斎藤工と二階堂ふみが、4月に放送される『ドラマスペシャル 探偵物語』(テレビ朝日系)で共演することが分かった。赤川次郎原作の同名小説は、1984年に連続ドラマで放送されて以来、34年ぶりの映像化。斎藤は「皆さんのスパイシーでコクのあるお芝居に触発され、刺激的でした」と現場を振り返っている。

 本作は、ドジの連続で崖っぷち状態の探偵・辻山秀一(斎藤)と、彼がボディーガード兼お守りを請け負うことになった自由奔放なお嬢様・新井直美(二階堂)が織り成す5日間のミステリーラブロマンス。1983年に映画化された際には、薬師丸ひろ子と松田優作の熱演もあって興行収入51億円の大ヒットとなった。

 斎藤は「大好きだった作品に演者として関われることに幸せを感じると同時に、複雑な気持ちになったのも事実でした」としつつ、「普遍的なテーマは設定をどんどん現代に置き換えて継承していくべきだという考えも相まって、今回は“進行形の『探偵物語』”を生み出そう」と参加を決意。松田の墓前にも報告、松田の妻である松田美由紀にも「自分の等身大の芝居を出したい」と伝え、特に“抜け感”を意識して取り組んだそう。

 赤川の小説を小学生のときによく読んでいたという二階堂は「特に何かを準備することはせず、自然体のままで臨みました。印象的だったのは衣装チェンジの回数(笑)。着替えるたびに皆さんをお待たせして申し訳ない気持ちでいっぱいでした」とお嬢様役ならではのコメント。「赤川先生の作品ならではのスリルやコメディー感を自分なりに噛み砕いて表現できたら」と意気込んでいる。

 そんな2人に、赤川は「軽快でお洒落なミステリーというのは、よくあるようで、実は日本の映画・テレビの苦手なジャンルなのだ。斎藤工さんは原作の“中年の疲れた探偵”にはスマート過ぎるが、二階堂ふみさんのみずみずしい女子大生とのジェネレーションギャップが生み出す、ユーモアとロマンチックな雰囲気は充分に楽しめるものに仕上がっているに違いない」と期待のコメントを寄せている。

 ほかに、直美を見守る家政婦・長谷沼君江役は夏木マリ、捜査一課時代の辻山の先輩刑事・高峰清人役は吹越満、辻山の元妻で殺人事件の重要参考人・本宮幸子役は長谷川京子に決定。幸子の命を狙う大物フィクサー・国崎成道役には國村隼がキャスティングされた。

 この作品は、テレビ朝日が新作ドラマ、映画、バラエティなど多彩なラインナップを総合的に届けるべく、日曜21時に新設する『日曜プライム』枠のスタートを飾る1本となる。

 『ドラマスペシャル 探偵物語』は、テレビ朝日系にて4月放送。

関連記事(外部サイト)