広瀬すずと田中裕子の“切なくて優しい空気感”に視聴者が涙『anone』第7話

広瀬すずと田中裕子の“切なくて優しい空気感”に視聴者が涙『anone』第7話

『anone』第7話より(C)日本テレビ

 女優の広瀬すずが主演を務めるドラマ『anone』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第7話が28日に放送され、広瀬すず演じるヒロインと田中裕子演じる女性の親子のような絆に「切なくて優しい」「泣けてくる」などの反響が巻き起こった。

『anone』は、『Mother』や『Woman』、『カルテット』の坂元裕二が脚本を務めるヒューマンドラマ。第7話は、陽人(守永伊吹)の悪気のない行動が死者を出すほどの火事を起こしたことを理市(瑛太)から聞かされた亜乃音(田中裕子)が、何も知らない陽人と玲を守るために偽札作りへの協力を決意するところからスタート。るい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)の協力を拒めずにいる亜乃音だが、ハリカ(広瀬)にだけは偽札作りを隠すことに。しかし、彦星(清水尋也)の治療費を必要とするハリカは偽札作りに惹かれ、それを知った亜乃音は犯罪に巻き込みたくないと諭しつつ葛藤を抱く。

 アルバイトに精を出すハリカが久々に帰ってくると聞いて浮かれる亜乃音は、所長の万平(火野正平)にうっかり偽の千円札を渡してしまい、取り戻そうとする行動を怪しまれる。亜乃音は玲との関係への後悔から、母親のように振舞ってしまう自分を制しながら、ハリカの幸せを願わずにはいられず…。

 偽札をめぐる騒動で結びつき、共同生活を営むようになった4人の男女がついに偽札作りに着手。未成年のハリカを偽札作りに関わらせたくない亜乃音と、彦星を救うため大金が必要なハリカの思いが序盤から交錯。中でも亜乃音とハリカが食事の準備をしながら台所で互いの気持ちを語り合うシーンには、視聴者から大きな反響が寄せられた。亜乃音が「私またついつい勘違いしちゃったりして、あなたのお母さんになった気分になっちゃって…」と漏らすと、こらえきれずにハリカが号泣。亜乃音が慰めるように彼女の手に優しく触れるという一連のシーンに対し「ハリカちゃんのこの涙は嬉し泣きなんだろうね」「愛がすごい」「可哀想すぎて泣けてくる」「2人が作り出す空気が切なくて優しい」などのコメントがSNSへ投稿された。

 また、偽札作りに執念を燃やす理市がハリカに非情に言い放った「願い事は泥の中だよ。泥に手を突っ込まないと叶わないんだよ」というセリフには「瑛太の不気味さに磨きがかかってきた」「感情のない機械みたいですごい」など、彼の怪演を評価する声も多く上がっていた。

関連記事(外部サイト)