『わろてんか』第23週、拡大する戦火 北村笑店では「わろてんか隊」を中国へ派遣

『わろてんか』第23週、拡大する戦火 北村笑店では「わろてんか隊」を中国へ派遣

『わろてんか』第23週「わろてんか隊がゆく」(C)NHK

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は5日から第23週「わろてんか隊がゆく」が放送される。てん(葵わかな)が隼也(成田凌)を勘当してから数年、風太(濱田岳)のもとには隼也から近況を伝える手紙が届いていたが、てんはそれに気づかないそぶりをしていた。中国での戦火が徐々に拡大し北村笑店や伊能(高橋一生)の映画会社は、軍から国策に沿う演芸や映画を制作するよう強く要請されることに…。

 昭和14年、てんが社長をつとめる北村笑店のもとに、芸人たちで慰問団を組んで外地へ派遣して欲しいという依頼があった。お国のためだと風太や東京から帰ってきたキース(大野拓朗)ら芸人たちが乗り気になる中、てんは、伊能から「軍部と近づきすぎないほうがいい」と忠告され、慰問団派遣に慎重になる。

 しかし、戦地にいる将兵を笑わせることができるのは自分たちだけだと考えたてんは、風太が慰問団長の「わろてんか隊」を中国へ派遣することを決めた。最初の訪問地・上海で「わろてんか隊」が大うけする中、オーケストラ楽団に入る四郎(松尾諭)と一緒に中国へ渡ったリリコ(広瀬アリス)が、風太を訪ねてくる。

 先週放送された第22週「夢を継ぐ者」では、てんは北村笑店の25周年パーティーの責任者に隼也を指名、跡継ぎとしての自覚を持たせようと考えた。そんな中、東京のライバル会社が、北村の芸人たちを引き抜く動きを見せ始め、その手は看板コンビのリリコと四郎にも及んでくる。だが四郎は突然昔の仲間と上海でオーケストラをやりたいと言い出す。四郎は一度はリリコのことを思いその夢を忘れようとするが、お互いの気持ちをぶつけ合い、二人で一緒に上海に行くことを決める。“引き抜き騒動”は結局誰も引き抜かれることなく終焉する。一方親の意に従って結婚する予定だったつばき(水上京香)は、隼也のことが忘れられず、結婚を拒んで家を出る。

 NHK連続テレビ小説『わろてんか』は、総合テレビにて月曜〜土曜8時放送。

関連記事(外部サイト)