向井理に「ドキドキした」「萌えた」の声多数 『きみが心に棲みついた』第8話

向井理に「ドキドキした」「萌えた」の声多数 『きみが心に棲みついた』第8話

星名を演じる向井理 クランクイン!

 ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系/毎週火曜22時)第8話が6日に放送され、今日子(吉岡里帆)と“最後”のデートをした星名(向井理)に「星名にドキドキ発狂しまくり回でした。かっこよすぎました。どうにか幸せになってくれ…」など大きな反響が寄せられた。

 タレントの山藤アイカ(石田ニコル)とのコラボ企画が持ち上がり、新ブランド立ち上げからそちらに移るよう命じられた今日子。これも星名が糸を引いていると気づいた今日子が「今後一切関わらないでほしい」と告げると、星名は「明日、1日付き合ったら」という条件付きで受け入れる。新たな一歩を踏み出すため、今日子は吉崎(桐谷健太)に嘘をついてデートに向かうが…。

 今までの嫌がらせの数々とは一転、今日子を優しくリードして楽しませる星名に、SNSでは「今週の星名さんには不覚にも萌えちゃった」「向井理、ツボなんですけど(今更)」「星名さん愛しくなってきたよよよよよよよよよ」「星名さんイヤな奴だったけど、今日のはニヤけた」などの声が上がった。

 さらに、壮絶な生い立ちで歪んだ性格と今日子への切ない想いを見事に体現した向井の演技に対し、「ほんと向井理すげーよなあ、仕事場はもちろん、牧村や飯田さんの前で一瞬でもこんな顔してないもん。すごい」「絶妙な表情、雰囲気の違いを演技で出来る向井理は役者として最高だし何より向井理は美しい」と絶賛するコメントも相次いだ。

 また、星名のストーカーと化し、今日子を脅す飯田を演じる石橋杏奈の怪演に、「飯田さん無理〜〜〜〜ほんとこの女無理ー演技上手ほんと嫌い〜〜」「飯田の嫉妬の思い違いが酷すぎてかなりドン引きした…。恐すぎて身体震えてるし気持ち悪い……」と恐怖を感じる視聴者も多かった。

関連記事(外部サイト)