『ホリデイラブ』最終決戦・松本まりかの怪演に「怖すぎる」と称賛の声

テレビ朝日系『ホリデイラブ』仲里依紗と対決した松本まりかの怪演に「怖すぎ」と称賛

記事まとめ

  • 女優の仲里依紗が主演のテレビ朝日系『ホリデイラブ』の最終回が16日深夜に放送された
  • 狂気を加速させる里奈を演じた松本まりかの怪演っぷりに「怖すぎでしょ!」と称賛の声
  • 仲と松本のほかに、塚本高史、渋谷南那、山田裕貴、中村倫也らも出演した

『ホリデイラブ』最終決戦・松本まりかの怪演に「怖すぎる」と称賛の声

『ホリデイラブ』最終決戦・松本まりかの怪演に「怖すぎる」と称賛の声

ドラマ『ホリデイラブ』に出演する仲里依紗(左)と松本まりか(右) クランクイン!

 女優の仲里依紗が主演を務めるドラマ『ホリデイラブ』(テレビ朝日系/金曜23時15分)の最終回が16日深夜に放送され、仲演じる主人公・杏寿と、彼女を苦しめ続けた里奈(松本まりか)の最終決戦にネット上では「杏寿かっこいい!」「里奈ザマぁ!」などの反響が巻き起こった。

 『ホリデイラブ』は、人気マンガアプリ「マンガボックス」で連載され、紙・電子累計で40万部の販売数を超える人気コミック『ホリデイラブ〜夫婦間恋愛〜』を実写化。夫に浮気される正妻を主人公に、不倫という“日常に潜む罠”をサスペンスフルに描写しながら、夫婦が本当の意味でのパートナーとして成長していく姿をつづる純愛ドラマ。

 最終回は卒園式終了後に杏寿と純平(塚本高史)の一人娘・七香(渋谷南那)が姿を消してしまうシーンからスタート。杏寿は激しく取り乱しながら園内を探し回る。だが、まもなく七香は発見されホッと胸をなでおろす二人。その夜、久々に三人で食卓を囲むと、七香が“未来のママってどういう意味?”と話し出す。詳しく聞くと、七香は卒園式終了後、声をかけてきた女性にそう名乗られたとのこと。その話を聞いた杏寿と純平は、七香に声をかけたのが里奈だと確信する。

 一方、里奈はもう一度純平を振り向かせようと懲りずに志賀(山田裕貴)に依頼し杏寿を誘惑させようとするが、志賀はこれを固辞。さらに夫・渡(中村倫也)から復縁を持ち掛けられたがそれを拒み、2人の子どもは渡を選ぶ。そんな中、杏寿は愛する家族を守るため、里奈と真正面から対峙する…。

 家族の平和を取り戻した杏寿と、何もかも失った里奈。二人が最後の直接対決に挑むシーンにはSNS上で「杏寿たくましい」など主人公を評価する声が上がる一方、エンディングに向かい狂気を加速させる里奈を演じた松本の演技に関して「ここまでくればホラー」「怖すぎでしょ!」「壮絶すぎる」「里奈の動機や行動は最低だけど松本まりかさんの演技はすごい!」と見事な怪演っぷりに称賛の声が多く寄せられた。

関連記事(外部サイト)