瀬戸康史の“告白”と芳根京子の“キス”に大反響 『海月姫』最終回

芳根京子主演ドラマ『海月姫』の最終回が放送 瀬戸康史とのキスシーンに大反響

記事まとめ

  • 芳根京子が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『海月姫』の最終回が19日に放送された
  • 瀬戸康史演じる蔵之介が芳根演じる月海に不意打ちの愛の告白をし反響が殺到した
  • 終盤で突然のキスに「めちゃくちゃ胸アツ」「キュンキュンした」などの声が寄せられた

瀬戸康史の“告白”と芳根京子の“キス”に大反響 『海月姫』最終回

瀬戸康史の“告白”と芳根京子の“キス”に大反響 『海月姫』最終回

『海月姫』に出演した芳根京子と瀬戸康史 クランクイン!

 女優の芳根京子が主演を務めるドラマ『海月姫』(フジテレビ系/毎週月曜21時)の最終回が19日に放送され、瀬戸康史演じる蔵之介の告白と、芳根扮する月海のキスシーンに「カッコ良すぎる」「めちゃくちゃ胸アツ」「愛を感じて震えた」などの大反響が巻き起こった。

 『海月姫』は、人気漫画家・東村アキコの同名コミックを実写化したラブコメディ。クラゲを愛しすぎてしまった筋金いりの“クラゲオタク女子”が、とある兄弟と三角関係になり、自分には縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分・新しい生き方を見つめていく姿を描いた。

 最終回は、天水館を出て漫画喫茶に滞在している月海の元を、蔵之介が訪ねるシーンからスタート。“尼〜ず卒業”と言いつつも結局同じ漫画喫茶にみんなで一緒にいることに蔵之介は呆れる。一方、再開発計画の見直しを知った稲荷(泉里香)は慶一郎(北大路欣也)に事実確認へ。修(工藤阿須加)も交えたところで慶一郎は「再開発反対派が無視できなくなった」と語る。

 蔵之介は突然、尼〜ずの面々を前に「ジェリーフィッシュ」の解散を宣言。すると月海は“最後にもう一度ショーをやろう!”と提案。蔵之介と尼〜ずは最後のショーに向けて再び動き出す…。

 月海たちのショーの終盤、舞台袖で白タキシード姿の蔵之介が月海に“愛してるよ”と不意打ちの愛の告白。このシーンには視聴者から「このタイミングはズルい」「破壊力がすごい」「カッコ良すぎる」「白タキシードだから結婚式みたい」などの反響が殺到。さらに、ドラマの終盤では、ニューヨークへのファッション留学が決まった蔵之介に対して月海から突然のキス。引っ込み思案で恋愛に超奥手だった彼女の大胆なアプローチに視聴者は「めちゃくちゃ胸アツ」「キュンキュンした」「月海の愛を感じて震えた」などの声が寄せられた。

 また月海と同様にオタク気質で天水館に引きこもりがちだった尼〜ずの面々が、最後のショーには全員がモデルとして登場。ドラマを通して成長した彼女たちに対しても「尼〜ずみんな可愛い!」「みんなキレイで立派でカッコイイよ!」「尼〜ず全員が愛おしい」などの意見が投稿されていた。

関連記事(外部サイト)