アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットを非難「養育費が不十分」

アンジェリーナ・ジョリーがブラッド・ピット非難 養育費が十分払われていないと主張

記事まとめ

  • アンジェリーナ・ジョリーが、ブラッド・ピットが十分な養育費を払っていないと主張
  • ブラッドに近い情報筋は「ブラッドはきちんと義務を果たしている」と話しているという
  • アンジェリーナ側は裁判所を通すことで離婚に決着をつけることを目指しているという

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットを非難「養育費が不十分」

アンジェリーナ・ジョリー、ブラッド・ピットを非難「養育費が不十分」

泥沼の離婚係争が終わらないアンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピット(C)AFLO

 2016年9月に離婚を発表した女優のアンジェリーナ・ジョリーと俳優のブラッド・ピット。まもなく2年が経つが、離婚で決着がつく気配がなかなか見えてこない。裁判所に提出された書類の中で、ブラッドが十分な養育費を払っていないとアンジェリーナ側が主張しているという。

 NBC Newsによると、アンジェリーナの弁護士によって提出された裁判所への書類では、養育費を支払う義務のあるブラッドが、「現時点で別居以来、有意義な養育費を支払っていない」としている。ブラッドが1年半以上、養育費の支払いについてきちんと取り決めしないとし、アンジェリーナは裁判所命令を取りつけ、ブラッドに前の分も含めて養育費を支払わせる構えであるという。

 ブラッド側からは本件についてコメントを得られなかったとのことだが、ブラッドに近い情報筋は「ブラッドはきちんと義務を果たしている」と話しているとのことだ。

 アンジェリーナの代理人はアンジェリーナが裁判所を通じて手続きを進めることで、離婚に決着をつけ、「互いに人生の次なるステージに進めるようにし、子供たちの親として二人が改めて義務を果たせるようにする」ことを目指していると説明しているという。

 アンジェリーナ側は判事の前で金銭的な問題と離婚について、はっきりさせる準備があるとのことだ。

関連記事(外部サイト)